logo

【美容センサス2015年上期】≪ネイルサロン 編≫

●女性の利用率は2013年以来初めて上昇、20代女性は前年比約1.6倍へ。 ●女性のサロンの継続理由、「ネット予約できる」が1位に。 ●結婚式などのイベント需要によってサロン利用の機会が増加。

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)に設置された美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」(リンク)は、美容サロンの利用に関する実態調査を毎年実施しています。このたび、全国の人口20万人以上の都市在住者のうち、20~69歳の男女7,000人を対象に調査を実施しましたので結果をご報告いたします。

▼本件の詳細に関しましてはこちらよりご覧ください
リンク




▶ 【利用率】 ~1年以内のサロン利用率【女性】~
女性のサロン利用率は2013年以来初めて上昇。特に20代女性の利用率は前年から約1.6倍。
●女性全体で6.8%と前年から1.1ポイント増。 2013年、2014年と利用率は低下を続けていたが、回復の兆しをみせている。年代別でみると、20代女性が2013年以来、もっとも高い13.6%という結果に。

▶ 【年間利用回数】 ~過去1年間のサロン利用回数【女性】~
「年1回」の単発利用者が増加。「年3回以下」の低頻度層は60%超えに。
●年間利用回数は4.73回で前年より1.11回減。「年1回」の利用者が増加し30%以上に。「年3回以下」(約4カ月に1回以下)の低頻度層は60%を超えた。20代女性では「年3回以下」が70%を占める。

▶ 【サロンの予約方法、初回来店時に重視したポイントとサロンの継続理由】【女性】
サロン継続理由の第1位に「ネット予約できる」がランクイン。
●20代では「ネット予約利用者・計※1」は51.5%で「電話予約」を上回る。「スマートフォン※2」の利用率は他の年代に比べ約2~4倍高い。30代以降は「パソコン※3」の利用率が「スマートフォン※2」より高い。
●20代・30代女性の初回来店の重要視ポイントは「ネット予約ができた」が上位にランクイン。
●現在利用しているサロンの継続理由は、料金や 交通・立地を抑え「ネット予約できる」が女性全体で1位に。20代・30代においても継続理由の1位にランクイン。
※1 端末を問わず「お店のホームページ」「美容関連店の予約サイト」のいずれかを利用した者
※2 次のいずれかを選択した者:【スマートフォンで予約】「お店のホームページ」「美容関連店の予約サイト(アプリ含む)」「twitter」「LINE」「その他SNS(facebook、mixiなど)」「メール」「その他」
※3 次のいずれかを選択した者:【パソコンで予約】「お店のホームページ」「美容関連店の予約サイト」「twitter」「LINE」「その他SNS(facebook、mixiなど)」「メール」「その他」

▶ 【利用頻度増加の理由 ~サロンの利用頻度が増加、利用を再開した理由【女性】~
イベント需要によってサロン利用の機会が増加。
「結婚式などのイベント」でサロン利用が増えた女性は2割に。
●サロンへの利用頻度増加や利用再開の理由は、「自分でやるよりもプロに任せた方が楽・キレイだと思うようになったから」(26.5%)がもっとも高く、「金銭的な余裕ができたから」(24.5%)、「時間的な余裕ができたから」(22.5%)を上回った。4位には「結婚式など着飾るイベントがあった・増えたから」(20.6%)がランクインし、イベント需要によってサロン利用の機会が増加。

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。