logo

もっと食べよう「近江米」!滋賀県ゆかりのお笑い芸人 宮川大輔さんが「近江米」PR隊長に就任!!

滋賀県 2015年06月26日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月26日

滋賀県農政水産部食のブランド推進課

もっと食べよう「近江米」!県民運動が本格スタート
滋賀県ゆかりのお笑い芸人 宮川大輔さんが
「近江米」PR隊長に就任!!
「小2からずっと近江米、これからもずっと近江米!」

 滋賀県米消費拡大推進連絡協議会(会長:三日月大造滋賀県知事)は、平成27年6月26日(金)にショッピングセンター「ビバシティ彦根」(滋賀県彦根市)において、もっと食べよう「近江米」!県民運動のキックオフイベントを開催し、この運動を広くPRする「近江米」PR隊長として、滋賀県ゆかりのお笑い芸人の宮川大輔さんへの任命式を行いました。
 もっと食べよう「近江米」!県民運動は、滋賀県と農業団体などが連携して、近江米(滋賀県で作られたお米)の消費拡大に向け、今年度から進めている県民参加型の運動です。
 宮川大輔さんは、小学校から高校までを滋賀県で過ごされたことからも、滋賀県にゆかりがあります。またテレビでは「食」の番組にも出演されていることもあり、近江米のPRにぴったりとの理由でPR隊長就任を依頼したところ、このたび快諾いただきました。
 イベント当日、宮川大輔さんはPR隊長の初仕事として、炊き立ての近江米と、ごはんにあう近江の食材の近江牛や琵琶湖のアユ、日野菜漬けを、近江の茶とともに堪能され、ご自身のテレビでおなじみのフレーズ「うわぁー、ウマッ」を連発されていました。また、来場者に近江米のおにぎりを配布するなど、イベントを大々的に盛り上げていただきました。


「近江米」PR隊長 宮川大輔さんのコメント
「近江米の魅力は、アツアツでもおいしいし、冷めてもおいしい。またいろんな食材にあうということを改めて知りました。これからは、全国に、そして世界に行っても『僕の地元のお米、近江米が最高においしい』とPRしていきます」


当日のイベントの様子

■もっと食べよう「近江米」!県民運動キックオフ「近江米」PR隊長任命式 実施概要
日時:平成27年6月26日(金曜日)12時00分から14時00分
場所:ビバシティ彦根  センタープラザ(彦根市竹ヶ鼻町43-1)
出席者:滋賀県米消費拡大推進連絡協議会  会長(滋賀県知事)  三日月  大造
     :宮川大輔さん
     :ファミリーレストラン(滋賀県住みます芸人)
     :タボくん(滋賀ふるさと観光大使  西川貴教さんのマスコットキャラクター)
内容
「近江米」PR隊長任命式(知事から宮川大輔さんへ任命状を授与)
・三日月大造滋賀県知事より、宮川大輔さんに任命状とたすきを授与。
・タボくんが登場し、西川さんからの直筆応援コメントを紹介。
「近江米」PR隊長による近江米と美味しい滋賀の食材試食PR
・近江牛、琵琶湖のアユ、日野菜漬け、近江の茶
来場者への近江米のおにぎりプレゼント
・100名様

■今後の活動予定
・宮川大輔さんにはPR隊長として、≪もっと食べよう「近江米」!県民運動≫のホームページ、ポスター等に登場いただき、県民運動をPRします。
・このイベントで宮川大輔さんから「近江米」PR副隊長に指名された、滋賀県住みます芸人「ファミリーレストラン」のお二人には、PRイベントなどに登場いただき、近江米の美味しさをPRします。


QOL滋賀について
滋賀県広報課では、今年度のPRキーワードとして「QOL滋賀 ~来てよし!食してよし!住んでよし!~」を掲げました。
滋賀県が有する琵琶湖を中心とする豊かな自然や歴史などの観光資源、「近江米」「近江牛」などに代表される高品質な食材や食文化、さらには全国に誇る「住みやすさ」など、滋賀の魅力を全国の皆さんに共感いただける広報活動を行っています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。