logo

F-Secure SAFE、Windows 10をサポート、さらにNetwork Checkerを提供

F-Secure SAFEの最新バージョンは、近日リリースされるマイクロソフトWindows 10をサポートします。同時にNetwork CheckerによりPCユーザにリアルタイムのネットワーク・レイヤ・プロテクションを提供します。


2015年6月23日ヘルシンキ発 - 本社発表資料抄訳

エフセキュアは、人気の高いセキュリティソフトウェアF-Secure SAFEの最新バージョンをリリースしました。この最新バージョンはWindows 10搭載デバイスをサポートします。これにより、今夏リリース予定の期待の大きいWindows 10オペレーティングシステムにデバイスをアップグレードした後も引き続き、エフセキュアが提供する最高のプロテクションのメリットを享受することができます。最新バージョンではさらに、Network Checkerと呼ばれる新しいネットワークレイヤセキュリティツールも併せて提供しています。Network CheckerはF-Secure SAFEをインストールしたWindows PCでご利用いただけます。

エフセキュアのコンシューマ・セキュリティ担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるサム・コンティネンは次のように述べています。「F-Secure SAFEがWindows 10をサポートすることを発表でき、とてもうれしく思っています。F-Secure SAFEは、オンライン上の脅威に対する、使いやすい包括的なセキュリティソリューションを提供します。多くの方々がご自身のデバイスやデジタルライフ、そしてご家族を守る上で、F-Secure SAFEに信頼を寄せてくださっています。エフセキュアはこの信頼を裏切ることなく、Windows 10にアップグレードした後も引き続き、これまでと同様のプロテクションを提供していきます」

マイクロソフトはWindows 10のリリースを7月29日に予定しており、現在Windows 7またはWindows 8.1をインストールしているPCに無償でアップグレードを提供すると発表しています*。

PCユーザ向けにNetwork Checkerを提供

F-Secure SAFEの最新バージョンでは、PCユーザ向けにエフセキュアの最新かつ革新的なネットワークレイヤセキュリティであるNetwork Checkerも提供しています。Network Checkerはインターネットに接続する際に使用しているネットワークの設定を検証し、設定が攻撃に対し無防備な状態に変更されることを防ぎます。高度なプロテクションレイヤを追加し、ご家庭でも、小さなカフェでWi-Fiホットスポットを利用するときでも、人々を安全に守ります。

デバイスがより「スマート」になっているため、ルータのハッキングといったテクニックが一般的になりつつあります。最近の調査では、ウイルスに感染している何万台ものルータがボットネットの作成に使われていることが明らかとなっています。ボットネットは大規模なDDoS(分散型サービス拒否)攻撃に不可欠な構成要素です**。 エフセキュア セキュリティ研究所によれば、設定が変更されていたことが判明した家庭用またはオフィス用ルータは2014年だけでも30万台を超えています***。

エフセキュアのシニアリサーチャーであるデビッド・ヘンティネンは、ルータやスマートデバイスは潜在的なリスクとして認識されていないため、攻撃者にとってますます魅力的になっていると言います。「ルータは放っておかれがちです。一度設定した後は部屋の隅に置かれ、二度と顧みられません。人々はファームウェアのアップデートのことなどまるで考えておらず、デフォルトのパスワードさえ変えていないこともあります。このため、ルータは攻撃者の標的となりやすく、攻撃者はルータをハイジャックすることにより、そこを通過するすべてのトラフィックを操作できるようになります」

Network Checkerはバックグラウンドで稼働し、所定の間隔で、または設定の変更を検知したときにネットワークをチェックします。潜在的なセキュリティの問題を検知した場合にはユーザに通知し、トラブルシューティングまたは問題の修復方法を提示します。Network CheckerはF-Secure SAFEをインストールしたWindows PCで利用することができます。Windows PC以外のデバイスをお使いの方には、オンデマンド型のF-Secure Router Checkerがウェブベースで同様の機能を提供します。

F-Secure SAFE、すべてのデバイスでクラウドセキュリティを実現

最新バージョンのF-Secure SAFEではMac版、iOS版、Android版を対象にいくつかの改善も行い、すべてのデバイスでクラウドセキュリティを実現しました。改善点は以下のとおりです。

Mac版にクラウドベースのレピュテーションスキャニングを追加。リアルタイムでファイルおよびウェブサイトのレピュテーションをチェックします。
Android版に次世代バージョンのエフセキュアのクラウドベースのマルウェアスキャニングを追加。クライアントベースとクラウドベースのアンチウイルス・プロテクションを組み合わせています。
Android版およびiOS版のペアレンタルコントロールを設計し直し、ユーザビリティを改善。


F-Secure SAFEはセキュリティとオンラインプライバシーの侵害から人々を守るオールインワンのセキュリティソリューションを提供します。エフセキュアの受賞歴のあるテクノロジーが組み込まれ、Windows PC、Mac、Android、iOS、Windows Phoneを搭載したデバイスにインストールすることができます。

*出典:リンク
**出典:リンク
***出典:リンク

詳細情報:
F-Secure SAFE リンク

*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。