logo

もしも、この世の全てのイケメンが薄毛だったら… 悩める“薄毛男子”をポジティブにする! 発毛治療のヘアメディカルが“薄毛男子”応援動画を公開

ヘアメディカル 2015年06月25日 15時17分
From PR TIMES

 発毛治療のパイオニア・ヘアメディカルは、薄毛に悩む男性がポジティブになれるきっかけを与えたいという想いから、薄毛男子の応援動画「もしもこの世の全てのイケメンが薄毛だったら」(※)を制作。ヘアメディカル公式YouTubeチャンネルにて2015年6月25日(木)より公開します。

(※)もしもこの世の全てのイケメンが薄毛だったら:URL リンク



[動画: リンク ]

■ “薄毛イケメン”の衝撃! とある“薄毛男子”の頭の中を描写、でも現実は…
[画像1: リンク ]

◆ 動画のストーリー
 薄毛男子の応援動画「もしもこの世の全てのイケメンが薄毛だったら」は、薄毛に悩む青年が主人公です。雑誌の表紙を飾るイケメンモデルや、トレンディドラマに登場するイケメン俳優までもが薄毛に見えてしまう・・・普段の生活の中で、それほどまでに悩んでいる主人公。「この世のすべてのイケメンが薄毛だったら…」と、ふと思います。しかし現実はそうではなく、そんな妄想をしても何も解決しないということに気付きます。

 思い立った主人公は、薄毛治療を決意しクリニックへ向かいます。クリニックで「僕は生まれ変わる!」という前向きな想いを示す主人公に、受付の女性も最高の笑顔で対応します。

◆ 動画の制作背景
 命に別状はなくとも、深い悩みを引き起こす薄毛。この世の全ての男性が薄毛なら、この主人公も悩みはせず、そもそも“薄毛”という言葉はなかったかもしれません。しかし、実際はそうではありません。
 ヘアメディカルにご来院いただく方の中にも、動画の主人公のように深刻に悩んでいらっしゃる方が少なくありません。ヘアメディカルは、薄毛で苦悩する男性に発毛治療という選択肢を提案し、ポジティブになれるきっかけを与えたいという想いでこの動画を制作しました。
 「薄毛治療をする!」と強く決意した主人公のように、この動画をきっかけに薄毛と向き合い、「薄毛治療をして生まれ変わりたい」と、前向きに考えられる方が少しでも増えればと願っています。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]


■ 135万人以上の治療実績を誇る発毛治療のパイオニア・ヘアメディカル
 ヘアメディカルは、東京・名古屋・大阪・福岡で135万人以上の発毛治療の実績を有する専門クリニックのグループです。
 AGA(男性型脱毛症)や女性の脱毛症をはじめとする男女の頭髪の悩みを解決するために、皮膚科、形成外科、メンタルヘルス(精神神経科)等の各分野の専門医が連携し、最新の医学情報を共有しながら、研究を重ね、治療に生かしています。
 ヘアメディカルは主に5つの特長があります。

■特長1:日本初の発毛治療専門クリニック
 1999年に日本で初めて開院した発毛治療専門クリニックです。16年間で135万人以上の治療実績を誇り、数多くの患者の悩みを解消してきました。現在では、検査や治療薬の開発なども行い、薄毛の悩みの多様化にも対応しています。

■特長2:600パターン以上のオリジナル処方
 患者様一人ひとりの「薄毛」の要因をしっかり判断し、手術や注射などはせず、「内服薬」「外用薬」「サプリメント」での痛みのない治療を行います。実に、その処方は600パターン以上。また、食事・生活習慣の改善を指導し、総合的な治療をご提供いたします。

■特長3:医療ローン無し・安心の明朗会計
 治療費用は毎月来院のたびにお支払いただきます。先々の治療費を前もっていただくことも、不必要な治療をお勧めすることもございません。

■特長4:3万症例以上を手掛ける専門医師
 ヘアメディカルグループには、3万症例以上の経験を積んだ発毛治療専門の医師たちが所属。様々な症例を多く見ている医師が丁寧な診察を行い、患者様に最適な治療法をご提案していきます。

■特長5:大学病院との頭髪研究や医療連携
 大学病院との様々な研究や医療連携により、世界中の数多くの学会で発表を行ってきました。これらの研究で生まれた世界初のミノキシジルゲルはヘアメディカルのみで扱っている新薬の一つです。

▼ヘアメディカル
リンク

=======================================================
■本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 ■
トレンダーズ株式会社 担当:滝沢
TEL:03-5774-8871 FAX:03-5774-8872 mail:press@trenders.co.jp
=======================================================

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。