logo

日本上陸直前!インドアスカイダイビングのスペシャルWEBムービー完成!

スペシャルWEBムービー「ZERO FLYERS」公開!風速240km/hの爆風の中、世界最軽量PCで空中アクロバティック!

NECパーソナルコンピュータは、屋内で空中遊泳できる“インドアスカイダイビング”の技術を使い、13.3型ワイド液晶コンバーチブルノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の特徴である世界最軽量を表現したスペシャルWEBムービー「ZERO FLYERS」を2015年6月24日(水)より公開しております。(リンク



[画像: リンク ]



NECパーソナルコンピュータは、屋内で空中遊泳できる“インドアスカイダイビング”の技術を 使い、13.3型ワイド液晶コンバーチブルノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」の特徴である世界最軽量(注1)を表現したスペシャルWEBムービー「ZERO FLYERS」を2015年6月24日(水)より公開しております。(リンク
本ムービーは、屋内施設内で下からの風圧によってスカイダイビングを体験することのできる世界で話題沸騰のアクティビティ“インドアスカイダイビング”をしながら、難易度の高い空中アクロバット技を次々と繰り出し、「LAVIE Hybrid ZERO」のコンセプトである「それは未体験の軽さ。」を 表現しているスペシャルWEBムービーです。
このムービーのみどころは、一流のオーストラリア人インドアスカイダイビングパフォーマーが、通常、左右のバランスをとって浮遊することも困難な中、風速240km/hの吹き上がる風を受け、逆さになったり、上下に回転したり、ノートPCやタブレットを持ちながらスペースウォーク、空中 回転といった空中アクロバットを披露します。
また今回、国内外の音楽フェスティバルに多数参加し、テレビCM、映画のサウンドトラック等の楽曲制作を手がけるエレクトロニカ、IDMミュージシャンのCOM.A(コーマ)の"Future Sun”に合わせてスペシャルWEBムービーを作成いたしました。

(注1)HZ750/BAB・HZ650/BAシリーズ 質量約926g。13.3型ワイド液晶タッチパネル搭載Ultrabook(TM)として世界最軽量。NECパーソナルコンピュータ調べ(2015年4月1日時点)

【インドアスカイダイビングとは】
ウィンドトンネルという屋内施設内で、大きなファンによって下から強烈な気流を作り、風速240km/hの風が吹き上げることで空中遊泳することができます。通常のスカイダイビングのように、時速約200kmにおよぶ落下を、体験できます。これまでにない斬新なスポーツとして世界で注目を集めています。
現在、日本で体験することはできませんが、2016年3月に埼玉県越谷市に日本初上陸の予定です。(リンク

【COM.A(コーマ) プロフィール】
ロンドン生まれ、香港、アメリカ、日本育ち。
エレクトロニカ、メタル、ヒップホップ、エレクトロ、ダブステップ等の要素をタイトで強烈なダンス・トラックに仕立て上げるスキルとセンスは、国内外問わず大きな評価を獲得し, イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、アメリカ、中国などから楽曲をリリース。
01年よりROMZレーベルを主宰、国内外の音楽フェスティバルに多数参加。05年よりテレビCM、映画のサウンドトラック等の楽曲制作を手がける。

参考リンク:
リンク
リンク

【LAVIE Hybrid ZERO】
■13.3型ワイド液晶2 in 1ノートPC世界最軽量(注1)(HZ750/ BAB、HZ650/BAシリーズ)
HZ750/BAB、HZ650/BAシリーズは、PCスタイルだけでなくタブ レットとしても使える2 in 1ノートPCとして、世界最軽量(注1)を実現させました。「2 in 1」らしさを感じさせないスマートなデザインです。

■13.3型ワイド液晶ノートPC世界最軽量(注2)
HZ550/BABは、319×212×16.9mmの薄型コンパクトボディで、 ノートPCとして世界最軽量(注2)の779gを実現。
(注1)HZ750/BAB・HZ650/BAシリーズ 質量約926g。13.3型ワイド液晶タッチパネル搭載Ultrabook(TM)として世界最軽量。NECパーソナルコンピュータ調べ(2015年4月1日時点)
(注2)13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして。NECパーソナルコンピュータ調べ(2015年4月1日時点)

≪参考:LAVIEとは≫
お客様のデジタルライフをより豊かにしていくために、PCやタブレットなどのハードウェア製品に加え、ソフトウェアやサービスなど、総合的なソリューションを提供するトータルブランドの総称です。
ブランドサイトでは商品紹介のほか、武井咲さんのブランドムービーなどを紹介していきます。
ブランドサイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。