logo

クラウドファンディング「A-port」開設から3カ月/「捕鯨」映画も順調。終了案件全て目標金額100%を超えました

株式会社朝日新聞社 2015年06月25日 10時00分
From PR TIMES

新規プロジェクトを広く募集しています

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長: 渡辺雅隆)のクラウドファンディングサイト「A-port(エーポート、リンク)」が3月25日にオープンして3カ月たちました。資金調達を終了した起案3件が全て目標金額を100%超え、中には300%を超えたものも。募集期間内に200%をすでに超えている起案も1件あります。和歌山県太地町のイルカ漁の取材を長年重ね、捕鯨をテーマに映画を制作している佐々木芽生監督のプロジェクトも順調に支援金額を伸ばしています。A-portはアート、イベント、地域創生、ものづくり、伝統工芸など幅広いテーマで起案を募集し、夢の実現のお手伝いをしていきます。



◆新聞社ならではのメディア力を発揮
プロジェクトの起案文は記者経験者もチェックし、アドバイスをします。起案者の言葉を生かしつつ、よりよいものを起案者とともに作っていきます。また、新聞紙面でもプロジェクトを
[画像: リンク ]



紹介し(3/25付朝刊全国版紙面)、読者からの反響がたくさん寄せられました。今後もA-portのプロジェクトの一部について紙面で随時紹介をしていく予定です。

◆ハフィントンポストにも
A-Portは、朝日新聞の提携先であるニュースサイト『ザ・ハフィントン・ポスト』でプロジェクトの内容を紹介する記事を掲載しています。A-portでは、起案者の知り合い以外から広く資金が集まっています。
リンク

◆3件が終了し、全て目標金額100%達成。300%超えも。
・沖縄の伝統的染色「紅型」デザインを食器に 29歳の女流作家・新垣優香が初挑戦
リンク 328%達成

・宇宙から届いた星の"音"を気鋭のミュージシャン達が楽曲化、CD制作へ
リンク 138%達成

・町工場からファッションの世界へ 素材とデザインの力でバネのアクセサリーに挑む リンク 101%達成

◆各プロジェクトは多くのメディアに取り上げられました
さまざまな媒体に取り上げていただきました。「フジテレビ、みんなのニュース」「沖縄経済新聞」、「産経新聞」、「西日本新聞」、「日刊ゲンダイ」、「繊研新聞」、「モノ・マガジン」、「AERA」、「Techable」「CINRA」他多数あります。

◆11プロジェクト進行中!話題の捕鯨映画も。(6/25現在)
・クジラを巡る世界的論争描く 日本人監督初の本格ドキュメンタリー映画
リンク

・被爆70年、広島「はだしのゲン」中沢啓治さんの詩を大合唱
リンク

・ロスジェネ世代の底力を伝えたい! 画家・金丸悠児と仲間を追った映画完成イベント開催
リンク

・温かいご飯と学習サポートを無料で。福島に子どもたちの居場所「塾」を作りたい
リンク

・障がい者の花屋さん、車購入で活動の幅を広げたい お花と笑顔をお手元へ
リンク

・モバイルバッテリーで温まるウェアの制作に挑戦
リンク

・写真家・馬場道浩 独立25周年、自身初の作品集制作プロジェクト
リンク

・「将来、介護を受ける?」認知症の高齢者を抱える地域課題について公開討論を開きたい
リンク

・生前遺影&昔の写真で作る「自分史額」が介護者をヘルプ!! 作成セミナーを開催したい
リンク

・『僕も私もアスリート!』障がい者が思いっきりスポーツを楽しめるイベント開催
リンク

・たった8分間のスティールパン演奏のため、60人で地球の裏・トリニダード・トバゴへリンク

◆魅力的なプロジェクト募集中!起案したい方はA-port( リンク )からいつでもお申し込みいただけます。Twitter( @AsahiAport )やFacebook( リンク )でも最新情報を発信しています。取材や協業、提携などのお問い合わせは朝日新聞社メディアラボ ( media-lab-contact@asahi.com )へ。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。