logo

石膏不要でインソール作製を実現!シャーム(トリッシャム)専用計測機「3次元シャーム計測機」を発売

株式会社ドリーム・ジーピー 2015年06月24日 21時11分
From 共同通信PRワイヤー

2015/6/24

株式会社ドリーム・ジーピー

石膏不要でインソール作製を実現!シャーム(トリッシャム)専用計測機「3次元シャーム計測機」を発売

 3次元足型計測機の製造会社である株式会社ドリーム・ジーピー(大阪市浪速区、代表取締役社長:荒山元秀)は、義肢装具業界向けに、足底板(インソール)を作製する工程で必要な石膏をとる作業を不要にしたシャーム(トリッシャム)専用計測機「3次元シャーム計測機 JMS-3000SH」を発売する。

 従来の足型をとるときに必要とされた石膏をとる工程の代わりに、シャーム(足型採取フォーム)を画像で取り込み、STL変換したのち、義肢装具業界向け専用ソフト「Auto Design Insole G(オートデザインインソール・ジー)」を使用してインソール(中敷き)のデータ作成を可能にした。

 この「3次元シャーム計測機」について、2015年6月27日、28日に大田区産業プラザPiOで開催される「第22回日本義肢装具士協会学術大会」で展示し、お披露目を行う予定となっている。

【特徴】
 シャームでとった足型をそのまま画像処理し、石膏での型取りが不要になる。それにより、従来石膏にかかったコストの削減、石膏を流し固める作業時間の短縮がされ、大幅な作業効率のアップが実現できる。
また、お客様の足型をデータ管理することで、石膏の足型を置く場所も必要がなくなる。

【計測からインソール作製の流れ】
(1) シャームで足型を取る。
(2) 3次元シャーム計測機でシャームを計測する。
(3) 画像処理されたシャームのSTLデータを出力される。
(4) 専用ソフト「オートデザインインソールG」でインソールのデータを作製する。
(5) そのデータをもとに、インソール自動切削機でインソールを切削し、完成する。

【仕様】
●スキャナー部
 外形寸法 横440×奥行755×高さ770(mm)
 質 量  10kg

〈電気的仕様〉
●スキャナー
 電 源 交流100V 50-60Hz 共用
 消費電力    TBD

●パソコン
 OS  window8.1
 電 源 交流100V 50-60Hz 共用
 消費電力   100W

【ドリーム・ジーピーについて】
 3次元足型計測機を核として、3次元足型データを元にしたオリジナルインソールの企画設計、その設計データを切削するためのインソール専用切削機の開発、ラスト(木型)のCAD設計サービス、足圧測定器の販売などの事業を展開しています。
 インターネット上で足型のデータベース化をする「FOOTBANK」構想も以前から進めており、足と靴のフィッティング専門店として「マイフットステーション銀座店」を、昨年11月にオープンし、お客様の声が直接聞ける場として、また、様々な新しい商品やサービスを発信する場と位置づけ展開しております。今後は、自社、FCなどで複数店舗の出店も視野に入れています。

【企業概要】
社名:株式会社ドリーム・ジーピー
代表者:代表取締役 荒山元秀
設立:2006年9月
資本金:5175万円
事業内容:3次元足形計測機の製造販売
オリジナルインソールの企画
インソール切削機の製造販売
住所:〒556-0004 大阪府大阪市浪速区日本橋西1-3-19
TEL:06-7650-8911 FAX:06-6630-0199
会社案内ページURL: リンク
商品案内ページURL: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。