logo

7割以上の学生が卒業時、大学に「満足している」と回答 総合満足度と最も相関が高い項目は「教育方針や校風に魅力がある」ー「卒業時満足度調査2015」よりー

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2015年06月24日 13時33分
From PR TIMES

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する、高等教育機関、高校生、進路選択に関する各種調査や社外に向けての情報発信を行う、リクルート進学総研(所長:小林 浩)は、大学生の卒業時満足度に関する調査を実施いたしました。この度調査結果がまとまりましたので、一部をご報告いたします。



■参考資料: リンク

1.満足度とその要因(満足できたか)…参考資料P3~P4
■大学に在籍したことに「満足している」は76.5%。
▽ 「満足している」
・女子>男子(10.5ポイント差)、理系≒文系(1.6ポイント差)、入学時第1志望>第2志望以下(14.0ポイント差)。
・文系女子(83.2%)>理系女子(81.9%)>理系男子(75.4%)>文系男子(69.6%)の順。
[画像1: リンク ]



■満足度に対する相関係数が高い具体的項目のトップ3。
1位 教育方針や校風に魅力がある(0.49)
2位 たくさんの先輩・後輩・友人と出会える(0.48)
3位 幅広い知識・教養が身につけられる授業が多い(0.46)
[画像2: リンク ]



2.入学前の期待と卒業時の評価(期待はかなったか)…参考資料P5~P10
■入学前の期待(学びたい意欲)は73.9%。うち理系女子は84.0%と全体を10ポイント上回る。

[画像3: リンク ]



■入学前の期待順位、卒業時の評価順位、いずれも高い項目は「専門的な知識が身につく授業が多い」「幅広い知識・教養が身につく授業が多い」。
▽期待順位<評価順位(期待以上)だった項目 ; 「各授業の人数が適切である」「有名・社会的評価の高い先生がいる」
▽期待順位>評価順位(期待外れ)だった項目 ; 「国際感覚が身につく授業が多い」「語学力が向上する授業・制度が充実している」
[画像4: リンク ]



3.卒業後の学び継続意向(意欲は持続しているか)…参考資料P11~P12
■卒業後も「学びたいと思う」は77.7%。女子の学び継続意向は8割以上。
 4人に3人は社会人になっても「学び続けたい」。

[画像5: リンク ]



■学ぶ際の方法は、「関連する書籍を読んで勉強する」が56.5%で圧倒的1位。
 2位「通信教育」(25.1%)3位「テレビやラジオ、インターネットの講座」(20.7%)。
▽女子では「関連する書籍を読んで勉強する」「通信教育で学ぶ」「テレビやラジオ、インターネットの講座で学ぶ」、男子では「大学院に通う」が高い。


※出版・印刷物へデータを転載する際には、“「卒業時満足度調査2015 」リクルート進学総研調べ”と明記ください。
リクルートマーケティングパートナーズではこれからも、ひとりひとりにあった「まだ、ここにない、出会い。」を届けることを目指していきます。
-------------------------------------------------------------------------
【リクルートマーケティングパートナーズに関するお問い合わせ先】
リンク
-------------------------------------------------------------------------
【リクルート進学総研 WEBサイト】 リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。