logo

エアラインで培ったPC管理のノウハウが満載!IT資産管理ソフトウエア最新バージョン 「PalletControl 7.1」リリース

株式会社JALインフォテック 2015年06月24日 10時06分
From PR TIMES

株式会社JALインフォテック(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 中川 雄次、以下「JALインフォテック」)は、IT資産管理ソフトウェアの最新版「PalletControl 7.1」を2015年6月24日(水)より受注開始いたしました。



[画像1: リンク ]


製品名 PalletControl 7.1 (パレットコントロール 7.1)
リンク


IT機器の管理業務は従来情報システム部門など専任者により実施されていましたが、昨今は総務担当の社員等が兼任で行うことも少なくありません。「PalletControl 7.1」は長年日本航空のPC管理業務を行ってきた弊社のノウハウをつぎ込み、専門知識を持たない管理担当者でも「簡単に」管理業務が行えるシステムをコンセプトに開発いたしました。また、1996年発売依頼多くのお客さまにご好評いただいております「ソフトウェア配布機能」をより使いやすくリューアルし「思い通り」の運用が可能となりました。

さらに最新のバージョンでは「ソフトウェア辞書との連携」「ソフトウェアライセンスのグループ管理」など、ソフトウェアライセンス管理機能を拡充、シンプルな操作性と充実の機能で「安心して」選んでいただけるIT資産管理ソフトウェアとして、今後もさらに機能を強化してまいります。


【PalletControl 7.1の主な特長】

■ 目的から探せるメニューと管理者の作業を簡単にする管理画面
シンプルな画面と目的から探せるメニュー構成は直観的に操作でき、欲しい情報をすぐに収集できます。台帳の作成や配布設定もマウスで簡単に操作できます。
[画像2: リンク ]



■ タイミングや条件を選べる柔軟性の高い配布設定
配布するソフトウェアごとに期間の設定や、実行回数、実行タイミングを指定できるので、状況に合わせて計画的に配布を行うことができます。
[画像3: リンク ]

■ エンドユーザー端末の環境を自動で識別
ソフトウェア配布時にエンドユーザー端末の環境を自動識別し、前提条件や指定した条件から配布対象とするかを判定します。管理者はOSやソフトウェアのバージョンなどを事前に調査する必要はありません。


【最新バージョンでの新機能】

■ SAMACソフトウェア辞書連携
一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)が提供するソフトウェア情報を収集した辞書(ソフトウェア辞書)との連携機能を搭載しました。収集したソフトウェアを効率的に分類し、管理すべき対象を明確にすることが可能です。
(本機能はユーザーサポートサービス契約をご締結いただいたお客さまに無償でご提供いたします。)

■ ソフトウェアライセンス管理機能にグループ管理機能等を搭載
スイーツ製品や、複数のバージョンなどを一つのライセンスで管理したい場合は、ソフトウェアをグループ化して管理する機能を搭載いたしました。

■ クライアントPC以外の機器も管理可能に
プリンターやネットワーク機器などもエージェントをインストールできない機器も資産管理台帳に登録して管理可能です。

【PalletControlについて】
「PalletControl」は日本航空株式会社のPC展開作業の自動化を図るために自社開発、1996年より一般販売を開始したPC資産管理ソフトウェアです。
ネットワーク設定やアプリケーションの配布、ドメインへの参加など、PCの大規模展開やリプレース、キッティングにおいて人手と時間を要する作業を自動化することでPC運用のコストダウン、効率化、セキュリティの維持に寄与してまいりました。

【お問い合わせ先】
株式会社JALインフォテック リンク
ソリューション・サービス事業本部 パレットコントロールソリューション部
担当 堤 雅史
電話 03-5445-7047
e-mail pallet@jalinfotec.co.jp

【会社概要】
社名 : 株式会社JALインフォテック
本社所在地 : 〒108-0023 東京都港区芝浦4-15-33 芝浦清水ビル
代表者 : 代表取締役社長執行役員 中川 雄次
設立年月 : 昭和53年8月
資本金 : 7億245万2500円
株主 : 日本航空株式会社

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。