logo

映像ポストプロダクション【レスパスビジョン】「第3回プロダクションEXPO」に出展決定

レスパスビジョン株式会社 2015年06月24日 08時00分
From PR TIMES

映像ポストプロダクション【レスパスビジョン】は7月1日から東京ビッグサイトで開催される「第3回プロダクションEXPO」に出展。動画フォトレタッチ実演・オリジナルの編集システムやベリファイファイルコピーアプリのデモンストレーションを行う。



[画像1: リンク ]



東京代々木の映像ポストプロダクション レスパスビジョン(東京都渋谷区 代表取締役社長:鈴木仁行)は2015年7月1日から7月3日 東京ビッグサイトで開催される「第3回プロダクションEXPO」に出展する。
URL: リンク
URL: リンク

展示では同社が得意とする4K映像編集のワークフローデモやMac OS X用のベリファイファイルコピーアプリの「RapidCopyPro」のデモンストレーション。大規模な音楽ライブイベントで多数のカメラ信号を高品質に収録できるシステムや無制限に多数のカメラを扱うことが出来るオリジナル編集システム等を展示する。

■プロダクションEXPO 展示内容

・体験!人力動画プリクラ 「Action Beauty」
Autodesk社の合成システム「Autodesk Flame」による「動画フォトレタッチ」・「エフェクト処理」デモンストレーション。同社のスペシャリストがその場で撮影した映像を元に、「編集・合成・フォトレタッチ」をその場でパフォーマンスする。完成した「動画プリクラ」はYouTubeにアップロードし、撮影モデルとなった来場者にプレゼントする。
[画像2: リンク ]



・4Kハイスピードカメラ「PhantomFlex4K」
昨年導入した4K解像度・秒間1000コマで収録できるハイスピードカメラ「PhantomFlex4K」の実機展示。
後処理で高品位なスーパースローエフェクトを施し[4K 4000コマ]にした4Kデモ映像も展示。
URL : リンク
[画像3: リンク ]



・Quantel社の4K映像フィニッシングシステム「Pablo-Rio 4K」
効率のよいワークフローと[4K/60p Rec2020]の制作デモンストレーション。4K、8K放送の新基準となる色域「Rec2020」と従来の「Rec709」の色の見た目をキャノンの業務用4Kディスプレイ「DP-V3010」2台で実際に確認できる。同社のスペシャリストが実例を元に解説する。
URL : リンク
[画像4: リンク ]



・無制限マルチカメラ・オフラインシステム 「FINAL MULTI」
従来のレスポンスの悪い「マルチカム編集」を独自システムで拡張・高速化したオリジナル編集システム。カメラ数は無限に拡張可能。実際にシステムを体験できる。
URL : リンク
[画像5: リンク ]



・4K対応 「高画質ライブ収録サービス」
4Kまでの映像を高品質に収録できるシステム「高画質ライブ収録サービス」の実機展示。
URL : リンク
[画像6: リンク ]



・MAC OSX高速ベリファイ差分コピー「RapidCopyPro」+ LTO LTFSアーカイブ
MAC OSXプラットフォーム向けに開発した高速ベリファイ差分コピーアプリ 「RapidCopyPro」 のデモンストレーション。
同社では既にスタンダードなアーカイブメディアであるLTOのオープンフォーマット「LTFS」との実機デモンストレーションも行う。
RapidCopyPro URL : リンク
[画像7: リンク ]



■第3回 プロダクションEXPO
■会期
2015年7月1日(水)~3日(金)<3日間>
10:00~18:00
■会場
東京ビッグサイト
■「レスパスビジョン」ブース
西3・4ホール No.19 – 46
■出展内容
・体験! 人力動画プリクラ「Action Beauty」
・PhantomFlex4K + [4K 4000fpsスーパースロー] デモ
・4K対応 「高画質ライブ収録サービス」
・Quantel Pablo-Rio 4K [4K/60p Rec2020]制作デモンストレーション
・無制限マルチカムオフラインシステム「FINAL MULTI」
・MAC OSX高速ベリファイ差分コピー「RapidCopy」+LTFSアーカイブ

■レスパスビジョンについて
映像オフライン業務の効率的作業を実現するためにVHSとテープシンクロナイザ、およびブランキングスイッチャを利用した「マルチオフラインシステム」を現代表者が協力業者とともに開発し、スタジオサービスの提供を開始したことに始まる。その後着実に設備と人員の拡充を行い、ハイエンドな作業に対応できるポストプロダクションとして業務を行っている。
膨大なデータ量を扱う「ファイルワークフロー」に関して多くのノウハウを有し、映像編集、音声処理、VFX制作、フィルムならびに各種メディアの変換、各種処理を業務とするDCP(デジタルシネマ)対応可能なポストプロダクション。社内で運用する自社開発NASストレージの総容量は2PB(ペタバイト)を超えている。
会社名 : レスパスビジョン株式会社
所在地 : 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-15 秀和代々木駅前ビル4F
代表者 : 代表取締役 鈴木仁行
設立  : 1987年11月
資本金 : 2,500万円
事業内容: 映像ポストプロダクション
ソフトウェア関連の開発・販売
URL   : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。