logo

テクロコ、ネット広告運用のクラウドソーシング「Draft」を提供開始

株式会社テクロコ 2015年06月23日 13時09分
From Digital PR Platform


中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援を行う株式会社テクロコ(本社:東京都千代田区、代表取締役:林 康頼、以下 テクロコ)は、ネット広告運用のクラウドソーシング Draft(ドラフト)の提供を2015年6月22日より開始いたしました。

Draftサービスサイト : リンク

【サービス概要】
ネット広告運用のクラウドソーシングDraftは、ウェブサイトへの集客や販促にネット広告を活用したい事業者と広告運用のスペシャリストをマッチングするサービスです。

・仕事を依頼するオーナー様のメリット
予算が少額でも、地方からのご依頼でも、体制が整っていなくても、検索連動型広告やディスプレイ広告の運用をスペシャリストに任せることができます。

・仕事を受けるプレイヤー様のメリット
顧客開拓や請求処理に煩わされることなく運用に集中できるサービス設計で、広告代理店にお勤めの方の副業利用や、フリーランスの方、育児中の女性運用経験者の方にも幅広くご利用いただけます。

サービス名称 : Draft(ドラフト)
公式リリース日 : 2015年6月22日
サービスURL : リンク

【Draftの特長】
1.ネット広告運用のスペシャリストが多数登録
プレイヤーとして登録するのは、Yahoo!社やGoogle社などが認定するウェブマーケティングの資格保持者等ですので、安心してご利用いただけます。

2.コストと質を両立
広告運用のスペシャリストに直接仕事を依頼することで、無駄なコストを大幅に削減。広告代理店に依頼するよりも安く、制作会社やSEO業者に依頼するよりも費用対効果の高い広告運用が期待できます。

3.万全のサポート体制
広告のプロであるDraftサポートスタッフが、初めてネット広告を実施する方でも1からサポートいたします。

【オープン記念キャンペーン】
・システム利用料0円キャンペーンの実施
2015年7月31日までにDraftでパートナーを見つけてお仕事を開始すると、システム利用料を無料とさせていただきます。詳細は以下のとおりとなります。

-広告運用の場合:初月のシステム利用料(広告運用費の10%)が無料 ※システム利用料分が広告運用額に上乗せされます。
-広告運用以外の場合:初回のシステム利用料(プレイヤー報酬の20%)が無料 ※プレイヤーの受け取る報酬が増えます。

・6/24(水) 無料セミナーイベントの開催
本サービスリリースを記念して、6/24(水)に東京・大手町にて無料のセミナーイベントを開催いたします。(独)中小企業基盤整備機構、(社)日本中小企業情報化支援協議会と共催で、特化型のクラウドソーシングを提供する6社が集まり、中小企業の販促に活用できるクラウドソーシングをご紹介させていただきます。

イベント名:中小企業の販促を劇的に進化させるクラウドソーシング活用術
開催日時:開催日時:2015/06/24(水) 13:00~17:00
会   場:東京都 千代田区 大手町2-6-2 日本ビル6F 662区「TIP*S」
JR東京駅日本橋口徒歩1分/東西線大手町駅B8a出口徒歩4分
登壇企業:(株)テクロコ、ニフティ(株)、ラクスル(株)、Crevo(株)
       (株)プラップジャパン、スマートキャンプ(株)
URL:リンク

【Draft提供開始の背景】
・中小/ベンチャー企業の課題No.1は「新規顧客・販売先の開拓」

中小企業庁のまとめる中小企業白書(2015年版)によると、実に60%以上もの中小企業が「新規顧客・販売先の開拓」を課題に感じています。事実、新規市場の開拓にチャレンジして売上目標を達成している企業はわずか20%にとどまっている、というデータも存在します。

そんな中、新たなチャレンジとしてITやネットをうまく活用したいと考える中小企業も増えてきました。アンケートによると、62.5%の中小企業がITを使って売上を伸ばしたいと考えており、また半数弱の中小企業がネットを活用して製品・サービスをうまく宣伝したいと考えています。

しかし現実には、まだまだ一部の中小企業でしかネットが活用されていません。例えば、売上10億円以上の企業を対象としたアンケートを見ると、ウェブサイトの開設目的が販売促進目的と回答した企業は17.0%、新規受注先の拡大目的ではわずか14.7%と、依然として販促のためのネット活用が進んでいないことが分かります。

・中小/ベンチャー企業の課題No.2は「優秀な人材の確保、人材育成」

同じく中小企業白書(2015年版)によると、新規顧客の開拓の売上目標を達成できなかった企業の一番の課題は、新規顧客の発掘等ができる人材が不足している、ということでした。

この人材不足を補うためにはどうすればよいでしょうか?1つは新規採用、そしてもう1つには既存社員の育成が挙げられます。しかしながら、中小企業に専門的な人材を外部から採用できるか、というアンケートに対して、過半数の企業が難しいと回答しています。また、社内の人材を育成できるかというアンケートには、60%以上の企業がそれも難しいと回答しており、今後も中小企業の慢性的な人手不足が続くことを示唆しています。

・ネット広告×クラウドソーシングにより、2つの課題を解決

上記2つの課題をまとめると、このようになります。
(1)多くの中小企業が新規顧客の開拓とネット活用に課題を感じている。
(2)新規顧客の開拓を任せられる人材が採用できず、育成もできない。

そこでテクロコは、この2つの課題を同時に解決し、中小企業のネット販促により貢献するために、Draftの提供を開始いたしました。

アクセス解析ツールや運用型広告の業務効率化ツールの開発・提供で、これまで数多くの中小企業のデジタルマーケティングを支援してきたテクロコのテクノロジーと、親会社であるソウルドアウトの現役従業員をはじめとした多くのプロフェッショナル人材が持つネット広告の運用ノウハウをDraft上で合わせて提供することにより、多くの中小企業が求めていた効果的なネット販促のサービスを提供できるようになります。

Draftが支援する検索連動型広告やディスプレイ広告は、ネット広告の中でも最も中小企業に適した広告だと言えます。その理由は、これらの広告が月間3万円や5万円という少額から始められ、かつ、広告内容に興味を示したユーザーが広告をクリックしたときにしか費用が掛からないクリック課金型だからです。

さらに、クラウドソーシングという仕組みを提供することで、広告代理店に依頼するよりも安く、制作会社やSEO業者に依頼するよりも費用対効果の高い広告運用が期待できます。もちろん、プレイヤーとの連絡や仕事の遂行は他のクラウドソーシングと同様にすべてオンライン上で完結するので、地方からご利用いただくことも可能です。

・ウェブマーケターの持つ専門性高いスキルを広く活かす場を創出

既存のクラウドソーシングでの専門的な仕事というと、主にシステムエンジニアやクリエイターの方向けの案件が多く登録されています。一方で、ウェブマーケターの方は専門的で高度なスキルを持っているにもかかわらず、その専門性を活かす“場”が提供されていませんでした。

テクロコは、ウェブマーケターの持つスキルやノウハウが、こと中小企業においては大変重宝されると確信しています。今後Draftを広めることにより、ウェブマーケターの方が活躍できる機会をより一層増やしていきたいと考えています。

【今後の展望】
サービス提供開始時は、運用型広告の領域に特化してサービスの浸透と定着を図ります。中期的にはランディングページやバナー広告の制作などのクリエイティブ作成やSNS投稿用のコンテンツ作成などにもサービスや専門人材を拡充し、長期的にはウェブマーケティング全領域に対応する総合的なプラットフォームを構築したいと考えています。

また、これと並行して、ウェブマーケターのすそ野の広がりと中小企業のネット活用促進がうまく循環するような、ウェブマーケターの育成・支援のエコシステムを構築していきます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。