logo

Wi-SUN Allianceが公益事業、市政機関向けにAdopter会員カテゴリーを新設

Wi-SUN Alliance 2015年06月23日 10時33分
From 共同通信PRワイヤー

Wi-SUN Allianceが公益事業、市政機関向けにAdopter会員カテゴリーを新設

AsiaNet 60927 (0811)

【モーガンヒル(米カリフォルニア州)2015年6月22日PRN=共同通信JBN】
*新規の会員カテゴリーは公益事業展開を迅速化、円滑化を加速するための道を開く

Wi-SUN(TM) Allianceは22日、会員カテゴリーにAdopterを新設すると発表した。この新規カテゴリーは、公益事業および市政機関がスマートグリッドやスマートシティーの必要性の高まりに応える際に、一連のWi-SUNソリューションを展開することを容易にし、コスト効率を向上させるために特に新設された。認定済みWi-SUN製品をソリューションの中に組み込むことを望むシステムインテグレーターや製品ベンダーにとっても恩恵がある。

Logo - リンク

世界に80社以上のメンバー企業を擁するWi-SUN Allianceは、IEEE 802.15.4および関連のオープン世界標準に基づく相互運用可能なソリューションの世界的な採用実現によって、スマートグリッド、スマートシティーの実現を促進させることに注力している。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「Wi-SUN Allianceは強力なテストおよび認定プログラムを開発し、スマートユーティリティー、スマートシティー、関連のインターネット・オブ・シングス(IoT)市場向けに相互運用可能な製品を提供することに注力している。会員資格に新規のカテゴリーを設けることによって、公共事業と市政機関はWi-SUNソリューション・セットをすでにサポートしている多くの組織と連携し、製品およびプログラムを活用することが容易になる」と語った。

Adopterメンバーの特典
*最終的な認定Wi-SUNプロファイル仕様および関連テスト仕様へのアクセス
*目標とするWi-SUN Alliance相互運用性イベントへの参加
*アライアンスのワークショップおよび開発者会議への参加
*プロモーションを推進するマテリアルへのWi-SUN Allianceロゴ使用を許可
*Wi-SUN Allianceマーケティング・カタログおよび電子ニュースレターへのアクセス
*世界クラスのメンバー・エコシステムへのアクセス

Wi-SUN Allianceメンバーは、高性能なフィールドエリアネットワーク(FAN)能力が必要とされる高度メータリングインフラストラクチャー(AMI)、配電自動化(DA)、スマートシティー、インフラストラクチャー管理、高度道路交通システム(ITS)、IoTなどのアプリケーションに役立つオープン世界標準に基づき、ソリューション開発と認定プログラムに専念する。

新規のAdopterメンバー・レベルに加え、Wi-SUN Allianceは次の3つの会員資格レベルを提供している。
*Promoter:仕様開発に貢献し、すべてのワーキンググループ・セッションへのアクセスと理事会に1つの席を有する
*Contributor:仕様開発に貢献し、すべてのワーキンググループ・セッションに参加できる
*Observer:このカテゴリーはテスト・ラボや認定機関にとって最適である。仕様開発に参加できるが、製品に関する投票権や認定権はない

詳細はウェブサイトリンク を参照。

▽Wi-SUN Allianceについて
Wi-SUN Allianceは非営利の会員制業界組織であり、フィールエリアネットワーク(FAN)に対するIEEE 802.15.4g標準に基づく相互運用無線ソリューションの世界的浸透に奉仕する業界有力企業で構成される。Wi-SUN Allianceへの入会は、インテリジェント街路照明、駐車場システム向けAdvanced Meter Infrastructure(AMI)、スマートシティー・ネットワークの採用を加速することに関心のあるすべての業界利害関係者にオープンである。Wi-SUN CERTIFIED(TM)マークを掲げる製品は、多数のサプライヤー提供の認証製品が相互運用可能であり、IEEE 802.15.4g規格を順守しているという信頼性を公益事業や市政機関に与える。詳しい情報はリンク から入手できる。

Wi-SUN AllianceおよびWi-SUN AllianceロゴはWi-SUN Allianceの商標である。

▽問い合わせ先
North America
Shannon Mayette
media@wi-sun.org
+1 (602) 882-4733

ソース:Wi-SUN Alliance

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。