logo

50周年に向けた教育環境整備として、ヤマザキ学園大学が来年度より学費減額と2専攻制を導入

ヤマザキ学園大学 2015年06月23日 08時05分
From Digital PR Platform


2017年の創立50周年に向けた学校法人ヤマザキ学園の記念事業の一環として、教育環境のさらなる整備を目指し、2016年度よりヤマザキ学園大学の学費減額と2専攻制を導入する。


(1)2016年度より学費減額
 学費の減額幅は入学金を含めた納入金で約17%、在学生の学費で約10%となる。現在、ヤマザキ学園大学は南大沢キャンパスに新校舎を建設中で、来年4月に竣工予定。今回決定した学費減額は、これまで南大沢と渋谷の2キャンパスで行っていた大学教育を原則として南大沢キャンパスに一本化(*)し、経営効率を高めることによるコスト削減効果を反映させたもの。これにより、動物看護学を学ぼうとする意欲を持つ入学者への金銭的負担を軽減しながら、従前の学修内容のクオリティを十分に担保(授業料は据え置き)することが可能となる。
(*)これにより、全学年が同じキャンパスで学ぶため、各学年間の連携強化はもちろん、これまでキャンパスごとに組まれていたカリキュラムについても柔軟な編成が可能になるため、より一層教育内容の充実が図られることになる。

(2)2016年度より2専攻制を導入
 ヤマザキ学園大学は2010年の4年制大学開学以来、3年次より学生の志向に応じ「動物看護」「動物応用」「動物介在福祉」のゆるやかな3コース制を敷いてきた。しかし、一期生・二期生の就職状況においてその四割以上が動物病院以外の動物関連産業に就いている実績に鑑み、2016年度入学生からは、卒業後の進路をより明確化させ内外に訴求するために2年次より「動物看護学専攻」と「動物人間関係学専攻」の2専攻制に改めることとする。

 ヤマザキ学園は、創立50周年を迎える2017年を見据え、動物看護教育・研究のインフラ環境整備にこれからも積極的に取り組み、教育の機会均等の実現ならびに実学教育機関としての社会的要請に応えていく。

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人ヤマザキ学園
 法人本部 広報部
 東京都渋谷区松涛2-3-10
 TEL:03-3468-1101 
 FAX:03-3468-1102

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。