logo

インゴルシュタット・ビレッジが10周年で空中「バブル」写真展示

インゴルシュタット・ビレッジ(Ingolstadt Village) 2015年06月22日 15時12分
From 共同通信PRワイヤー

インゴルシュタット・ビレッジが10周年で空中「バブル」写真展示

AsiaNet 60953 (0824)

【ミュンヘン(ドイツ)2015年6月20日PRN=共同通信JBN】ミュンヘン近郊の高級アウトレットモール、インゴルシュタット・ビレッジ(Ingolstadt Village)は今夏、ビレッジの「Ten Years of Style(品格の10年)」を祝って世界のファッションとアートを集め、独特かつ感動的な活動を展開する。10周年祝典の中心は、10月までインゴルシュタット・ビレッジに展示される「ファッションバブル」と銘打つ巨大な透明球体のインスタレーションで、米著名写真家メルビン・ソコルスキーの「バブルシリーズ」に着想を得たものである。

ニュース・リリースをマルティメディアで閲覧するにはウェブサイト(リンク )を参照。

この巨大な透明球体はビレッジがパートナーおよび高級ブランドと協力して創造した一連のエキサイティングなファションテーマの展示場所となる。

インゴルシュタット・ビレッジはTen Years of Style記念祝典の一端として、ソコルスキーがユニークな「バブルシリーズ」で示した創造的なビジョンを探求する。6月27日まで、来場者は同シリーズから精選された写真の特別展示会に入場できる。

ソコルスキーは1933年ニューヨーク生まれ。1959年から1969年まで、米誌Harper's Bazaar(ハーパーズ・バザー)の公認写真家だった。同氏は1963年に制作した一風変わった写真で世界的名声を博した。何人ものモデルを巨大なバブルに入れ、それらをパリの空に浮かべて写真を撮影したのである。

ソコルスキーは以下のように語った。「1963年、Harper's Bazaarがパリでバブルシリーズ撮影を許可してくれたため、夢が実現した。非常に細い糸でぶら下げられたバブルの中にモデルが本当に入って、それを目で見て撮影した時、私の長い間の夢が実現した。撮影チーム、モデルのシモーヌ・ダリエンコート、そして私、全員がきわめて情熱的に仕事に取り組んだ。そして、われわれが共有していた幻想が現実のものになった」

「今回、インゴルシュタット・ビレッジとコラボレーションができたことをとてもうれしく思っている。私のバブル写真が私のインスピレーションとビジョンに命を吹き込み続けるのを見るのはうれしい」

メルビン・ソコルスキー、(C) Melvin Sokolsky
リンク

メルビン・ソコルスキーの写真はビレッジの3つの入口に置かれた「ファッションバブル」および特別展示エリアで展示される。目に訴える感動的なこのビジュアルイベントは、インゴルシュタット・ビレッジの「Ten Years of Style」を記念するものである。

過去10年、インゴルシュタット・ビレッジは独自の国際ショッピングスポットへと進化した。ビレッジは2005年に60店舗でスタートしたが、いまやファッションおよび高級家庭用品の店舗110以上を擁するまでになった。ビレッジが扱うブランドにはClosed、バリー、Escada、フルラ、Patricia Pepe、MCMが含まれるが、それに加え、期間限定でエキサイティングな新ブランドを提供する仮設店舗も常に進化しており、ビレッジのブランドミックスを引き立たせている。

▽インゴルシュタット・ビレッジ(Ingolstadt Village)について
インゴルシュタット・ビレッジは欧州のCollection of Villagesの1つで、ミュンヘンから車で40分の距離にあり、富裕層向け高級アウトレット・ショッピング体験を提供している。インゴルシュタット・ビレッジには110を超すファッションと高級日用品を提供するアウトレット店舗があり、独自に選んだドイツおよび世界のブランドの前シーズン・コレクションを通年で週6日、メーカー希望小売価格の最高6割引きで提供している。バリー、フルラ、Escada、Patricia Pepeは国際ブランドの少数の例にすぎず、Bogner、St.Emile、Aigner、MCMなどドイツブランドの店舗もある。インゴルシュタット・ビレッジでは、念入りに企画された各種サービスが提供されているが、その中にはビレッジとミュンヘンを毎日結ぶコーチサービス、ショッピング・エクスプレス(Shopping Express 、R)、ツーリスト情報センター、パーソナル・ショッピングがある。ビレッジにはレストラン、カフェの特選街もあり、至高の買い物体験だけでなく楽しい小旅行を求める来場者の人気スポットになっている。詳しい情報はウェブサイト(IngolstadtVillage.com)を参照。

ソース:Ingolstadt Village

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。