logo

日本最大のクラウド型請求書一括管理ソフト『MFクラウド請求書』のユーザー数が60,000を突破

株式会社マネーフォワード 2015年06月22日 13時00分
From PR TIMES

 お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下当社)は、クラウド型請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』のユーザー数が60,000を突破したことをお知らせいたします。



[画像1: リンク ]

『MFクラウド請求書』は、ベータ版提供開始より1年余りでユーザー数60,000を突破し、国内No.1のクラウド請求書サービスに成長しております。発行済請求書の累計請求金額も200億円を上回り、多くの個人事業主・中小企業の請求書業務においてご活用いただいております。機能面につきましては、請求書の作成・管理機能の拡充はもちろん、国内No.1の対応数の銀行取引明細の自動取得機能と連動した、日本初の「自動入金消込機能」の提供を開始しており、今後もバーチャル口座との連携による消込機能の強化や、他の業務ソフト・サービスと連携可能なAPI提供を予定しております。

今後も、請求書業務にかかる時間や手間を大幅に削減し、より付加価値の高い仕事に集中していただけるサービス提供を目指してまいります。

◆◇「自動消込機能」(ベータ版)の概要◇◆
提供開始日:2015年4月28日(火)
対象:「MFクラウド請求書」をご利用の全ユーザー(ベータ版期間中)
特徴:
1)銀行入出金データの自動取得、請求書のステータスの自動更新に対応(国内初)
2)入金確認作業を自動学習。使えば使うほど入金確認が簡単に
3)独自のマッチングアルゴリズムで高い照合率を実現
4)クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』との連携で入金仕訳まで全自動化(※近日公開予定)
[画像2: リンク ]

◆◇クラウド型請求書一括管理ソフト『MFクラウド請求書』の概要◇◆
「請求書作成から送付まで、面倒な作業をシンプルに。」をコンセプトに、見積書・納品書・請求書の作成から送付、受取までの一元管理ができるサービスです。最大の特徴は、請求書の作成・送付(メール・郵送)・入金等のステータス管理を楽に行うことができる点です。『MFクラウドシリーズ』として2014年グッドデザイン賞を受賞しております。

・URL リンク
・開始日 ベータ版:2014年5月20日、正式版:2014年10月27日
・特徴
1)見積書/納品書/請求書/領収書を、プレビューを見ながらラクに作成できる。テンプレートも豊富。
2)定期発行する請求書は、発行周期を登録することで自動作成が可能。
3)送付は、メールも郵送もボタンひとつで可能。郵送は代行。
4)大量の請求書も、CSV形式でアップロードして、まとめて一度に作成・メール送付・郵送が可能。
5)作成した書類は、送付や入金のステータスも含めて一覧表に反映される。書類管理がとにかくラク。
・料金体系
Basic以上のプランは取引先登録数が無制限にお使いいただけます。Pro以上のプランはCSV一括作成や一括郵送、一括メール送信等、より業務効率を上げる機能が充実しています。どのプランも初期費用はもちろん0円、30日間無料でお試しいただけます。
[画像3: リンク ]

<画面イメージ>
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

■株式会社マネーフォワードについて
2012年5月の設立以来、家計・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計・資産管理サービス
『マネーフォワード』
WEB リンク
iPhone,iPad リンク
Android リンク
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』 リンク
会計ソフト『MFクラウド会計』  リンク
請求書作成ソフト『MFクラウド請求書』 リンク
クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』(β版) リンク
・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』 リンク

≪主な受賞歴≫
2014年1月ケネディ駐日米大使より「将来を担う起業家」として米国大使館賞受賞。
同年2月ジャパンベンチャーアワード2014にて「起業を目指す者の模範」としてJVA審査委員長賞受賞。
同年3月電通国際情報サービス主催の金融イノベーションカンファレンスFIBC2014にて優勝、大賞を受賞。
同年10月「マネーフォワード」と「MFクラウドシリーズ」でグッドデザイン賞をW受賞。
同年12月NTTデータ主催ビジネスコンテスト「豊洲の港から」で最優秀賞受賞。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。