logo

【太閤園】築100余年の風格ある淀川邸 大人の隠れ家でゆったり楽しむ「淀川邸 男爵のビアテラス」開催

藤田観光株式会社 2015年06月22日 13時11分
From Digital PR Platform


 太閤園(経営:太閤園株式会社、所在地:大阪市都島区、代表取締役社長:中村雅俊)は、築100余年の歴史を有する淀川邸ならではの空間で、コース料理とお酒を楽しむ「淀川邸 男爵のビアテラス」を2015年7月1日(水)~9月30日(水)の日程で開催致します。 ※但し、除外日あり。雨天時は室内にて開催。

 淀川邸は、明治・大正期の関西財閥の重鎮でもあった藤田傳三郎男爵が次男・徳次郎のために建てた邸宅で、都会の真ん中に位置しながらも、一歩中へ足を踏み入れると、凛とした静かな空気感と品格を感じる佇まいが、今なおそのままに残っています。「淀川邸 男爵のビアテラス」は、そのような落ち着いた雰囲気漂う淀川邸のテラス席で、かがり火を見ながら、料亭・淀川邸の季節感あふれるコース料理(2時間制)とともにフリードリンク(30分前ラストオーダー)をお楽しみいただけるプランです。通常のビアガーデンの雰囲気とは一線を画した、太閤園ならではの落ち着いた空間で、夏の暑さを忘れるひとときをお過ごし頂けます。
  
 お料理は、先附にはじまり止肴まで6品、鰻や鱧など夏の食材を使った逸品をご用意。冷たいビールと一緒にお楽しみください。コースの他、一品メニューもございます。

 今年は、浴衣をお召しの女性の方には、日本酒が香る大人のソルベを特典として無料提供致します。男爵・藤田傳三郎が約100年前に特注で作らせた晩餐会用のグラスでお召し上がり頂けます。このグラスは、フランスのクリスタルガラスメーカーに依頼したオリジナルで、ひとつひとつ手作りでグラヴィール加工(※1)が施された貴重な品です。非常に薄く口当たりがよいグラスで、日本酒のソルベの繊細な風味とともに、大正ロマンとノスタルジックな時間に浸り、至福のひと時をお過ごし頂けます。

 太閤園、淀川邸でしか味わえない落ち着いた空間で、ひと味違う夏の夜を、ゆっくりとお楽しみください。

※1・・・グラヴィールとは、「彫刻する」という意味で、ガラスの表面に凹凸のレリーフを施す技法。

◆◆◆「淀川邸 男爵のビアテラス」 プラン概要◆◆◆
開催日時:2015年7月1日(水)~9月30日(水)
18:00~22:00 2時間制 (最終入店20:00)   
※但し、除外日あり。雨天時は室内にて開催。
場所:太閤園 淀川邸テラス
料金:お一人様 7,000円         
※料理・飲物・席料・消費税・サービス料含む    
飲み物:フリードリンク(2時間制/30分前ラストオーダー)
ビール(生・黒生)、ワイン(赤・白)、ソフトドリンク(オレンジジュース、烏龍茶、コーラ、ジンジャエール)
メニュー
【先附】 枝豆 トビアラ唐揚(小海老の唐揚)
【酒菜】 新丸十 鰻サンド 松笠唐土(とうもろこし)
     鮎風干し 万願寺
【焼物】 帆立と野菜の殻盛り
【揚物】 蟹 若鶏の春巻き
【蓋物】 牛すじ蒟蒻味噌煮込み
【止肴】 赤ずいき 鱧梅肉

※浴衣を着てお越しになった女性には、日本酒のソルベを無料でご提供。(お一人様1杯)


~本件に関するお問い合わせ先~
太閤園株式会社   リンク
〒534-0026 大阪市都島区網島町9-10
TEL:06-6353-9535  FAX:06-6354-3605
担当: 営業企画課 藤田、上田

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。