logo

大京グループのオリックス・ファシリティーズ、国立病院機構京都医療センターの施設管理業務を受注

株式会社大京 2015年06月19日 15時07分
From Digital PR Platform


大京グループの総合ビル管理事業を手掛けるオリックス・ファシリティーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:三宅恒治)は、独立行政法人国立病院機構京都医療センター(京都市伏見区、以下
「京都医療センター」)の施設管理業務を受注し、2015年6月より業務を開始しましたのでお知らせいたします。

京都医療センターは、39診療科を擁する高度総合医療施設として、約半世紀にわたって京都市伏見区で医療活動を行っており、国から内分泌・代謝疾患の高度専門医療施設(準ナショナルセンター)、成育医療の基幹医療施設、がん・循環器・感覚器・腎疾患の専門医療施設にも指定されております。
また、エイズ診療、国際医療協力の機能も備えた医療施設です。

今回の業務は、24時間365日体制で施設管理業務を行うもので、病院設備、院内環境の適切な維持管理を通じて、診療業務の円滑な遂行及び患者サービスの向上並びに職員の福利厚生の増進に努めてまいります。

オリックス・ファシリティーズは今回受注に至った京都医療センター等の医療施設はもとより、オフィスビル、商業施設等の総合ビル管理業務での長年の実績をもとに、ホテル、教育文化施設、太陽光発電所など、専門性の高い施設の管理にも力を入れています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。