logo

テスト自動化でリリースサイクルを短縮する「Smart at develop」の提供開始

SBT 2015年06月19日 11時10分
From PR TIMES

Smart at シリーズ第4弾!品質安定、リリース短縮、コスト削減、三拍子揃ったテスト自動化ツール

M-SOLUTIONS株式会社 (代表取締役社長:佐藤 光浩、本社:東京都新宿区、以下 M-SOL)は、この度、Webアプリケーションのテストを効率化する「Smart at(R) develop」の提供を開始しましたのでお知らせします。



[画像: リンク ]

 「Smart at develop」は、M-SOLの業務課題から「即戦力として活用できること」をコンセプトに開発されたWebアプリケーションのテスト自動化ツールです。多くのテストツールは、専門知識の習熟までに多くの時間を費やしますが、本ツールでは専門知識がない方でも簡単にテストが可能であり、Webアプリケーションの早期リリースを支援します。

 これまで、Webアプリケーションのリリースにおいては、要件確定まで開発作業ができない、要件変更するたびにテストを行う必要があるなど、経営者やサービスのオーナー部門、エンドユーザーが期待するタイミングと比較して、リリースまでの期間が長くなってしまうことが課題でした。加えて、昨今では、脆弱性やWebブラウザのバージョンアップへの対応など、Webアプリケーションをリリースした後も、バージョンアップなどのシステム開発とテストが発生する機会が増加しています。M-SOLにおいても、受託したシステム開発のテスト作業や、自社サービスのバージョンアップ対応など、テスト工程にかかる負荷が大きな課題となっていました。この課題を解決するために生まれたテスト自動化ツールが「Smart at develop」です。

「Smart at develop」について

■ 機能
1.テスト作成
  実際の操作を自動的に保存し、テスト操作に変換します。テストパターンの自動作成も可能です。
2.自動処理
  テスト作成したシナリオを自動実行します。
  テスト単位で指定タイミングの画面キャプチャ保存や、対象処理に対する負荷テストも可能です。
3.レポート
  テスト結果をサマリとしてレポーティングします。

■ 活用例
1.自社で開発する場合
  テストシナリオを作成し、自動処理を行うことで、バージョンアップ頻度の向上が期待できます。
2.開発を委託する場合
  専門知識がない担当者でも、効率的で確実な受入作業が可能になります。
3.開発を受託する場合
  自動テストにより、テスト工数削減と品質向上を両立します。

■ 価格(税別)
 導入費用  200,000円
 ライセンス費用(5ID) 150,000円/月
 導入支援(オプション) 別途お問い合わせください。

▼ Smart at developに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
リンク

M-SOLは今後も、お客様のニーズに合わせたスマートデバイス活用サービスの拡充を予定しております。



※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。