logo

マリオット・インターナショナル、オリジナル・ムービー第2弾 ”French Kiss” を各種メディアで世界公開

マリオット・インターナショナル 2015年06月18日 21時10分
From PR TIMES

~ ロサンゼルスのマリーナ・デルレイ・マリオットでワールドプレミアも開催 ~

マリオット・インターナショナル(本社:米国メリーランド州ベゼスダ、以下マリオット)は、マーケティング戦略の一環として、フランス・パリを舞台にしたオリジナル・ムービー第2弾 “French Kiss” をYouTube上で世界公開しました。映画はマリオットのコンテンツ制作部門 “Content Studio” と、フラッグシップ・ブランドである「マリオット・ホテル」が協力して作り上げたもので、YouTubeに加え、映画の公式サイト (リンク) や一部劇場、マリオット・ホテルのゲストルームなど、各種メディアを通じて配信されます。また、5月19日にはアメリカ・ロサンゼルスの「マリーナ・デルレイ・マリオット」にて、プレミア試写会と記念パーティが行われました。



“Content Studio”は、オリジナルのデジタル・コンテンツを企画・制作し、あらゆるメディア(映画、テレビ、デジタル、活字)を通じて配信するという業界初のマーケティング戦略を担うマリオットの社内組織で、2014年9月に設立されました。
[画像: リンク ]



“Content Studio”を率いるマリオット・インターナショナル クリエイティブ アンド コンテント マーケティングのバイス・プレジデント、デビッド・ビービはこう語っています。「私たちのマーケティング戦略は、「コンテンツミックス」と「3C(Content/Community/Commerce)」に集約されます。これは、価値ある情報とエンターテイメント性を兼ね備えた魅力的なコンテンツ(Content)を制作し、将来的にマリオットのゲストとなりうる潜在顧客のコミュニティー(Community)を構築し、商業的な成功(Commerce)を目指す、というものです。”French Kiss”を含む一連のショートムービーは、こういったマーケティング戦略の一環です。」

23分の短編“French Kiss”に描かれているのは、仕事中毒のアメリカ人イーサン(タイラー・リッター/俳優)と、若く美しいフランス人女性マルゴー(マルゴ・ルシャルテ/モデル・女優)のラブストーリーで、「旅とはインスピレーションであり、喜びである」というマリオットの理念が明確に打ち出されています。

「パリ・マリオット・ホテル・シャンゼリゼ」で行われる会議のためにパリを訪れたイーサンは発表の準備に余念がなく、頭の中は仕事でいっぱいで、他のことを考える余裕がありません。イーサンを遠くから見つめるマルゴーは、仕事一色の人生観から救い出すため、彼のノートパソコンを盗み、代わりに彼女の目の”分身”である眼鏡を置いて去ります。イーサンが眼鏡をかけると、周囲は現実とファンタジーが交錯する驚きと冒険の世界に一変 - 見違えて見えるパリの街で、イーサンは消えたノートパソコンとマルゴーにつながる手がかりを発見しながら後を追い、数々の名所に恵まれたパリの美しさにも開眼していきます。この過程で徐々にマルゴーに魅かれていったイーサンは、最後に仕事よりもマルゴーを選び、2人はついにエッフェル塔の前で出会います。

監督はジョン・グレイ、プロデュースはサンダー/モーゼス・プロダクションのイアン・サンダーとキム・モーゼスで、3者の代表作はアメリカのテレビドラマシリーズ「ゴースト ~天国からのささやき(2005~2010年)」 や「プロファイラー(1996~2000年)」、映画「D.O.A./死へのカウントダウン(1998年)」などが挙げられます。

エグゼクティブ・プロデューサーを務めたキム・モーゼスは、今回の撮影についてこう語っています。「我々に与えられた課題は、訴求対象がミレニアル世代の若者であること、パリで撮影すること、マリオット・ホテルのブランド哲学である『Travel Brilliantly(鮮やかに旅する)』をそれとなくほのめかす内容に仕立てること – この3つだけでした。非常にクリエイティブで夢のような現場でした。」

“French Kiss”公開を記念して、パリ・マリオット・ホテル・シャンゼリゼは映画にちなんだスペシャルツアーを企画しました。目的は撮影スポットをめぐりながらイーサンとマルゴーのロマンチックなストーリーを疑似体験することで、スマートフォンなどのモバイルに頼らずにパリの新しい魅力発見を試みます。ホテルからは地図、エッフェル塔やルーヴル美術館のチケット、そしてポラロイドカメラを提供され、ポラロイドカメラでとらえた最高の瞬間は、ソーシャルメディアサイトでシェアすることができます。

“French Kiss”に関する詳細やメイキング映像はリンクをご覧ください。

【マリオット “Content Studio”】
マリオット・インターナショナルが2014年9月に設立した”Content Studio”は、オリジナルのデジタル・コンテンツを企画・制作し、あらゆるメディア(映画、テレビ、インターネット、デジタル、活字)を通じて配信するという、業界初のマーケティング戦略を担う社内組織です。”Content Studio”は、価値ある情報とエンターテイメント性を兼ね備えた付加価値のあるコンテンツを配信し、将来的にマリオットのお客様となりうる、旅を愛する人々が集うグローバル・コミュニティーの構築を目指します。

【マリオット・ホテルについて】
マリオット・インターナショナルの名前を冠したフラッグシップホテルである「マリオット・ホテル」は、世界約60か国で500軒のホテルを展開しています。マリオット・ホテルは、モバイルを手に世界中を飛び回り、仕事も遊びも同時に楽しむ次世代の旅行者のために進化し、「Travel Brilliantly(鮮やかに旅する)」を実現します。

■「グレートルーム」ロビー
「ロビーは単なる通過するスペース」という従来の概念を覆し、快適でくつろげる、洗練された空間に進化させました。仕事も、カジュアルなミーティングも、リラックスもできる共有の場として、マリオット・ホテルの中心に位置付けています。

■「フューチャー・オブ・ミーティング」
会議室にいながら専用アプリから様々なリクエストを出せるなど、会議運営をスムーズにする新しい工夫がちりばめられたシステムです。

■「モバイル・ゲスト・サービス」
専用アプリのチャット機能を使って、各種サービスやアメニティー等を、手軽にスピーディーにリクエストできます。

マリオット・ホテルの最新情報はFacebook(Facebook.com/Marriott)、Twitter(Twittter.com/Marriott, @Marriott)で英語で発信しているほか、日本語のプレスルームでもご覧いただけます。(リンク


【マリオット・インターナショナルについて】
マリオット・インターナショナルは米国メリーランド州ベセスダに本社を置く、グローバルホテル企業です。世界80の国と地域で、計19 ブランドのホテルやタイムシェア・リゾートなど4,200軒以上の宿泊施設を展開・運営しています。2014年度の収益は約140億USドルに達し 、卓越した倫理観と従業員満足度の高い企業としても広く認知されています。詳細はマリオット・インターナショナルのホームページ(www.marriott.co.jp)、もしくは日本語プレスルーム(リンク) をご参照下さい。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。