logo

eBookJapanが、邦訳アメコミ Sparklight Comics作品を独占先行配信 MARVEL作品を手掛けるエド・ブルベイカーとショーン・フィリップスがおくる『ファタール』



マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、邦訳アメリカンコミック出版社、Sparklight Comics作品の電子書籍化、独占先行配信を6月19日(金)より開始いたします。
[画像: リンク ]

初回は紙の本の発売時でもアメコミファンの間で話題となった、キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャーのライター、エド・ブルベイカーとマーベル・ゾンビーズのアーティスト、ショーン・フィリップスがおくるノワール風のホラーストーリー、『ファタール』を電子版特別価格として900円(税別)にて販売いたします。
『ファタール』は「マンガのアカデミー賞」とされるアイズナー賞を脚本賞とアーティスト賞を含む6部門でノミネートされた作品です。

また購入者には、著者のエド・ブルベイカー氏の直筆サイン入りフライヤーが当たるキャンペーンも特集ページにて実施いたします。


Sparklight Comics社は「スーパーヒーローだけじゃない。広がるアメコミの世界。」を掲げ、クリエイターが本当に描きたいという情熱によって生まれたオリジナル作品の邦訳を手掛ける、クリエイター・オリジナル作品専門の邦訳アメコミ出版会社です。今後もSparklight Comics作品を随時電子化、販売を予定しております。

◆今後の配信予定(時期未定)
『ベルベット』 第1巻 ビフォー・ザ・リヴィング・エンド(エド・ブルベイカー/スティーブ・エプティング)
『デッドリー・クラス』(リック・リメンダー/ウェス・クレイグ)

◆著者プロフィール Ed Brubaker (エド・ブルベイカー)
1990年代からインディーズコミックを書き始め、ハーヴィ賞やアイズナー賞のノミネートで脚光を浴びる。ハードボイルド小説に影響を受けた犯罪物語に定評があり、2000年代から DC で Catwoman(キャットウーマン)、Gotham Central(ゴッサム・セントラル)、Sleeper(スリーパー)などのシリーズにも犯罪物語のスタイルを適用。その後マーベルで Immortal Iron Fist(イモータル・アイアンフィスト)、Daredevil(デアデヴィル)、Captain America(キャプテン・アメリカ)などのシリーズを手がけ、ファン層を確立した。
DC やマーベルでスーパーヒーローものを書く傍ら、オリジナル作品の制作も続け、Sleeper(スリーパー)の絵を手がけたショーン・フィリップスと共に Criminal(クリミナル)、Incognito(インコグニート)を出版。

◆著者プロフィールSean Phillips (ショーン・フィリップス)
15才の頃、コミック作家ケン・ホートンの元でペンシラーとして働き始める。大学卒業後にコミックアーティストとしての本格的な活動を開始。 Crisis(クライシス)や 2000AD の絵を担当し、その後 DC やマーベルでも多数のシリーズを担当する。音楽や映画のパッケージアートのイラストレーターとしても活躍中。
エド・ブルベイカーとは DC の Sleeper(スリーパー)で組んで以来、Criminal(クリミナル)や Incognito(インコグニート)などのオリジナル作品で共作を続けている。


◆特集ページ 6月19日(金)公開予定
リンク

eBookJapanでは今後も世界の多様な漫画文化の発展のため、海外コミックの電子書籍化に積極的に取り組んでまいります。

■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、37万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、背表紙表示も可能な “トランクルーム本棚”
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

※1 有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。
出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。