logo

OKI、クラフトと旅行業向けITソリューション分野で協業契約を締結

JCN 2015年06月18日 11時10分
From JCN Newswire


TOKYO, Jun 18, 2015 - ( JCN Newswire ) - 沖電気工業株式会社(社長:川崎 秀一、本社:東京都港区、以下OKI)は、株式会社クラフト(社長:最勝寺 武史、本社:東京都千代田区、以下クラフト)と旅行業向けITソリューション分野の協業契約を締結しました。この契約に基づき、旅行業者に対してOKIのシステムインテグレーションとクラフトの基幹系パッケージシステムを融合したトータルソリューションの提供を2015年6月より開始します。2017年度までの今後3年間で本協業により両社で30億円の売り上げをめざします。

2014年に日本を訪れた外国人旅行者は1300万人を超え、ビザの発給要件の緩和や円安による訪日観光客の増加でインバウンド市場は盛り上がりをみせています。また、2020年の東京オリンピック開催など旅行業界は今後、ますます活性化し、積極的な投資が見込まれます。

OKIはこれまで旅行業者に対して業務システム・コールセンターシステムやサーバー・プリンターなどのハードウェア、クラウドサービスなど、課題に応じてソリューションを提供してきました。また2014年10月には、ソリューション&サービス事業において「統合CRMソリューション」を提唱し、金融・製造・運輸・旅行業者など得意領域に対して同ソリューションの展開に力を入れています。この取組みの中で、旅客業向けのソリューション提供力強化のため、基幹システムに強い企業との協業を検討していました。

一方、クラフトは、旅行業者に対して業務渡航管理システム、商品仕入造成システム、GDS(Global Distribution System)(注)接続システムなど、業界での高シェアをもつ基幹系パッケージシステムを中心に提供しており、今後のさらなる市場シェア伸長を計画していました。

今回の協業により、両社のシステムを組み合わせて旅行業者に最適なソリューションをワンストップでトータルに提供していきます。またインバウンド市場に向けて、訪日観光客の利便性を高め、訪日旅行客を受け入れる事業者の業務効率化を促進するソリューションを両社で創出する予定です。提供形態についてはオンプレミスの提供に加えて、OKIのクラウドサービス基盤を使ったSaaS型の提供も行うことで、選択肢を増やし旅行業者の「持たない経営」を支援します。なお、営業活動は既存のお客様に対して双方が行い、新規のお客様についても両社で開拓していきます。

OKIはクラフトとの協業により、基幹システムを含めたトータルソリューションの品揃えを強化することで、顧客満足度を向上し、顧客生涯価値の最大化に貢献します。クラフトはOKIとの協業により、独立系ソフトハウスとしてソリューションのワンストップ提供を強化することで、顧客視点で活動し、顧客第一主義を推進します。

【販売計画】
提供時期: 2015年6月
価格: 個別見積り
販売目標: 2017年度までの3年間で30億円

【用語解説】
注: GDS(Global Distribution System)
旅行業者が利用するシステムであり、様々な事業者が提供する航空券・ホテル等の旅行関連商品の照会・予約・発券などを一元的に管理することが可能。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 永野
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKI ソリューション&サービス事業本部 情報システム事業部 運輸流通システム第一部
電話: 03-5445-6037

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。