logo

Ooyalaの動画および広告技術プラットフォームの初の統合により、Ooyalaプレイヤーにプレミアム広告機能セットが追加され、Ooyalaのお客様の収益損失を回収

JCN 2015年06月17日 11時15分
From JCN Newswire


Santa Clara, Calif., Jun 17, 2015 - ( JCN Newswire ) - Telstraの子会社で、プレミアム動画のパブリッシング、分析、および収益化をリードするOoyalaは、同社初の動画および広告技術プラットフォームの統合を行い、先進的な広告機能をOoyala動画プレイヤーに組み込んだことを本日リリースしました。Ooyalaの広告サービスプラットフォームの主要機能の優位性を活かすように特に設計された新型プラグインは、Ooyalaのすべてのお客様ですぐに利用可能で、アンチ広告ブロック技術、ストーリーテリングの順序設定、広告のパーソナライズのためのオーディエンスターゲティング、豊富なカスタマイズ機能など多くの新ソリューションが含まれています。この統合は現在利用可能ですが、これはOoyalaによるVideoplaza買収のわずか6か月後の成果です。

Ooyalaの新しいアンチ広告ブロック技術は、動画広告を表示させないサードパーティ製広告ブロッカーの使用を防止することで、大幅に収入を増やす重要で新しい手段です。2014年12月以来、ヨーロッパの大手プレミアムパブリッシャ5社が、今回利用開始した新機能を常時使用して、今までブロックされていて、収益化の見込めなかった広告のインプレッションをひと月あたり9000万件以上アンロックしました。その結果、お客様はOoyalaの新型アンチ広告ブロック機能によって、今まで収入を損失していた分の、ひと月あたり100万米ドル以上を増収しました。機能はまた、広告主向けにさらに正確な広告インプレッション報告書を確実に作成することができます。

Ooyala製品VPのJonathan Wilnerは、次のように述べました。「弊社では広く普及したパーソナライズ動画プラットフォームに広告技術の組み込みを行っており、今回の追加は、Ooyalaのお客様にとって大きな前進です。弊社の動画プラットフォームは、お客様にまったく新しい付加価値を提供するもので、広告技術スタックの主要コンポーネントと一緒に使用することで、オーディエンスのエンゲージメントに影響を与え、収益性を上げ始めています。」

新型プラグインは、マーケティング用のユニークな一体型機能セットになっており、視聴者のエクスペリエンスを向上し、ブランドと代理店に魅力的な機能を提供し、パブリッシャとブロードキャスタの収入を大幅に増大します。プラグインの主なメリットは次のとおりです。

-- 広告クラッシュ防止: 広告主は、競合する広告が次のセッションや広告の切れ目の後に出ないことを、保証されます。

-- 広告の順序設定: ひとつの番組を見ている視聴者に適切な順序で広告を出すことで、ブランドの広告キャンペーンのストーリー性を高めます。

-- オーディエンスターゲティングによる広告のパーソナライズ: 広告の配置やターゲティングを向上するために、動画アセットに関連する既存のCMSメタデータを活用します。

-- 動的なライブ広告挿入: 動画にキューポイントが付いている時に、場所やデバイスのタイプなどの既知のパラメータを活用して、広告を視聴者に合せてパーソナライズしながら、ライブストリーム中のプレロールやミッドロールにプラグインを挿入できます。

-- 双方向機能: プラグインでは広告を閉じる、拡大する、広告の選択機能の形式、早送り機能などの操作を追跡できます。

-- パスバック: 最初の広告や、次の広告の再生に失敗した時に、サードパーティのソースからパスバック広告のキューを呼んで提供できます。

-- プレイヤーのカスタマイズ: お客様はブランドやオーディエンスの好みに合わせてプレイヤーのスキン、フロント、ラベル、言語などをパーソナライズできます。

-- 広告ユニットサポート: プラグインには標準とプレミアムのプレロール、ミッドロール、およびポストロールが含まれ、オーバーレイ、停止中広告、コンパニオンバナーなどもあります。

Ooyalaについて

Ooyalaはネットによるコンテンツ提供を支援します。Ooyalaは、グローバル通信およびITサービス企業のTelstraの米国子会社で、その包括的オファリングスイートには、世界最大級のプレミアム動画プラットフォームやトップクラスの広告サービスソリューションが含まれています。先進的なビジネスインテリジェンスのための優れた分析機能と、お客様の成功への強いコミットメントを基に作られたOoyalaの業界トップクラスのend-to-endソリューションは、大規模放送局、通信事業者、メディア企業、大企業、ブランドなどが、視聴者の関与度や収益性をさらに高め、どんなスクリーンでもひとりひとりに合わせた双方向型エクスペリエンスを提供することで動画とTVの収益を向上します。

ESPN、Univision、Sky Sports (英国)、Foxtel (オーストラリア)、NBCUniversal、RTLグループ(ドイツ)、M6 (フランス)、TV4 (スウェーデン)、Mediaset (スペイン)、STV (英国)など、何百もの放送局とメディア企業がOoyalaを使用しています。

Ooyalaの本社はシリコンバレーにあり、事務所はニューヨーク、ロンドン、ストックホルム、シドニー、東京、シンガポール、グアダラハラに、営業所は世界の数十か国にあります。詳しい情報は www.ooyala.com をご覧ください。

お問い合わせ先情報
Ooyalaお問い合わせ先:
Paul Bernardini
pbernardini@ooyala.com
press@ooyala.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。