logo

中堅・中小規模企業向け「Microsoft Office 365」の運用支援ソリューションを販売開始

導入支援サービスやBPOサービスを組み合わせることでさらなる効率化を実現

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、中堅・中小規模企業向けに、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が提供するクラウドサービス「Microsoft Office 365(以下Office 365)」と日立システムズのコンタクトセンターサービスを組み合わせた「Office 365まるごと運用支援サービス」を本日から販売開始します。

近年、クラウドサービスの利用が拡大しており、オフィス業務で必要となるアプリケーションやメール・情報共有といったコミュニケーションツールに関しても、「Office 365」などのクラウドサービスを導入する企業が増えています。しかし、専任のITシステム部門を持たない中堅・中小規模企業においては、既存システムからの移行や連携、導入後の操作、利用方法等に不安を感じる企業が多く、導入に向けた課題となっていました。また、複数のベンダーを使い分け、取りまとめるのは負荷が高いため、アプリケーションやデバイスの選択から導入、展開、トレーニングなどを1社に委ねたいというニーズが高まっています。

日立システムズは、以前から「Office 365」の導入支援、既存システムからの移行支援やActive Directory(利用者情報データベース) との連携、自社データセンターを利用したメールアーカイブなど、各種サービスを提供していましたが、保守サポートに関しては日本マイクロソフトから提供されていました。このたび、日立システムズが日本マイクロソフトのクラウドパートナー向けプログラム「マイクロソフト クラウド ソリューション プロバイダー プログラム(*1)」に認定され、自社でライセンスの販売と保守サポートを提供可能になったことを機に「Office 365まるごと運用支援サービス」を販売開始し、中堅・中小規模企業におけるクラウドサービス活用時の課題解決を強力に支援します。

また、導入支援サービスなど既存サービスと本サービスを組み合わせて利用することで、中堅・中小規模企業における「Office 365」の検討段階から導入・移行、運用・保守、操作トレーニングから操作方法の問い合わせ対応まで、「Office 365」の導入・活用におけるさまざまの局面において、日立システムズがワンストップでお客さまをサポートします。
さらに、コンタクトセンターサービスではIT製品のサポートに留まらず、業務システムのヘルプデスク業務や受発注処理等、お客さまの業務を支援するBPO(Business Process Outsourcing)サービスも提供可能です。これらサービスの活用により、お客さまは本来のビジネスに注力する事が可能となります。
日立システムズは豊富なITスキル、クラウド関連サービス、コンタクトセンターサービスを結集し、クラウド時代に対応した各種ソリューションやBPOサービスを提供していきます。また、本サービスの販売開始を契機に、日本マイクロソフトとの協業をより一層深め、2018年度末までに累計200社の導入をめざします。

なお、今回の販売開始に当たり、日本マイクロソフトから以下のコメントをいただいています。

日本マイクロソフトは、日立システムズによる「Office 365 まるごと運用支援サービス」の提供開始を心から歓迎いたします。
日立システムズとは、長年に渡り広範なソリューション分野で協業関係にあります。
ITと業務の両面における深い理解と経験に基づいて、マイクロソフトのクラウドサービスとデバイスを生かした統合的なソリューションを提供していただいております。
今回の提供サービスは、多くの中堅・中小規模企業が望まれていたワンストップサービスであり、お客さまの業務課題解決に大きく貢献するものと確信しております。

日本マイクロソフト株式会社
パートナーセールス統括本部 業務執行役員 統括本部長 佐藤 恭平

*1マイクロソフト クラウド ソリューション プロバイダー プログラム:
マイクロソフトが全世界で展開するクラウドパートナー企業向けプログラム。プログラム認定企業は、自社の持つサービスやアプリケーションと、マイクロソフトのクラウドサービスを組み合わせ、統合ソリューションとしてお客さまに提供することが可能となります。お客さまは、クラウドサービスの維持、契約更新、サポートを、認定企業から一貫したサービスとして受けることができるようになります。

詳細はこちらからリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。