logo

ウインドリバー、VxWorksリアルタイムOS向けアプリストアを開設

ニュースハイライト
・Wind River Marketplaceにより、お客様はウインドリバーのパートナーエコシステムが提供するベストオブブリードのソリューションで、VxWorksの実装を強化できます。
・VxWorksアプリストアでは、安全性、セキュリティ、ストレージ、コネクティビティ、グラフィックス、開発ツールなど、さまざまなパッケージを取り揃えています。
・ウインドリバーは先進の取り組みにより、業界をリードするリアルタイムOS(RTOS)のイノベーションを継続します。

2015年6月16日、カリフォルニア州アラメダ発 - モノのインターネット(IoT)向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは、「VxWorks(R)」向けにアプリストアを開設しました。お客様はWind River Marketplaceで、ウインドリバーのパートナーエコシステムが提供するベストオブブリードのアドオン用ソリューションを探したり評価して、VxWorks実装の強化を図ることができます。

Wind River Marketplaceでは、VxWorksとのシームレスな相互運用性をウインドリバーがテスト、検証したソリューションが提供されます。安全性、セキュリティ、ストレージから、コネクティビティ、グラフィックス、開発ツールまで、幅広いジャンルのパッケージで、VxWorks動作環境を拡充します。お客様のメリットとしては、シンプルな「購入前の試用」、最新のアプリストア体験、アドオンソフトウェアの簡単なインストールや評価などが挙げられます。またウインドリバーでは、Marketplace経由で、組込みソフトウェア業界の幅広いボードサポートパッケージ(BSP)にも対応し、ボードの立ち上げや設計を支援します。

ウインドリバーのOSプラットフォーム担当バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー、ディニア・ダスツールは次のように述べています。「Wind River Marketplace製品の相乗効果や事前検証により、お客様はクラストップレベルの組込みテクノロジを即座に入手して、動作環境の強化や市場展開の加速を簡単に実現できます。Marketplaceは、お客様に活気のあるエコシステムを提供できるとともに、パートナー企業にとってはウインドリバーの巨大な顧客層に自社製品を宣伝し、評価版を配布するための、またとない機会となります」

業界をリードするRTOSと認められたVxWorksは、ディターミニスティック性能を実現し、ネットワーク対応デバイスがIoTで安全かつセキュアに動作するための、スケーラブルで将来にも対応する動作環境のスタンダードになっています。

Wind River Marketplaceの詳細については、こちらをご覧ください。
リンク
VxWorksの詳細については、こちらをご覧ください。
リンク

■ウインドリバーについて
ウインドリバーはインテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、モノのインターネット(IoT)向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。ウインドリバーは、1981年からエンベデッドデバイス向けソフトウェアを提供するパイオニアであり、そのテクノロジは20億を超える製品に使用されています。ウインドリバーは、業界でも屈指の包括的な組込みソフトウェアポートフォリオを有しており、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスおよびサポートを提供し、さらにこれらは広範なパートナーエコシステムに支えられています。テクノロジと専門性を提供することで、安全、セキュア、そして信頼性に優れたインテリジェント システムの革新とデプロイを支援します。
リンク

              # # #

*Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。