logo

Doppler Labsが欧州でHere Active Listening Systemを発売開始

Doppler Labs 2015年06月16日 18時17分
From 共同通信PRワイヤー

Doppler Labsが欧州でHere Active Listening Systemを発売開始

AsiaNet 60910(0806)

【ニューヨーク2015年6月16日PRN=共同通信JBN】
*2つのワイヤレス・イヤホンとアプリによって、ユーザーは世界を聞く方法をコントロールし、ライブミュージックをカスタム化できる

*米国のKickstarterキャンペーンで43万ドル以上を達成したことに続き、Kickstarterを通じて欧州、英国への販売を開始

*エンターテインメント大手のLive Nation、Universal Music Group(UMG)、William Morris Endeavor(WME)が新規投資を発表

Doppler Labs(リンク )は16日、Kickstarterを通じて英国および欧州でHere Active Listening System(TM)(リンク )の販売を開始した。米国でのKickstarter販売は2日間で目標の25万ドルを達成した。この日の発表は世界、とりわけ欧州のミュージックファンからの圧倒的なリクエストに応えたもの。

Photo - リンク
Photo - リンク
Logo - リンク

Here Active Listening Systemは2つのワイヤレス・インナーイヤホン、1つのスマートフォン・アプリで構成されており、ライブオーディオ環境をすぐさまコントロールし、カスタマイズできる。ボリューム・スライダー、イコライザー、エフェクトを使ってコンサート、スポーツイベント、空の旅、オープンオフィス環境、騒がしい通勤など日常の状況に応じて実世界のサウンドを耳の中で調整し、どのような状況でもユーザーにとって最適なオーディオ環境をつくり出す。

Kickstarterを通じて、サポーターはHereが市場発売される前に、1組199ドル、2組359ドルの特別価格でHereを購入できる。Kickstarterを通じて他の方法でサポートすれば、支援者はHereオーディオ・プラットフォームの開発に加わり、カスタム化したプリセット・フィルターを開発して他の特別な報酬を得ることができる。

先週、Doppler Labsは、Live Nation Entertainment(リンク )、Universal Music Group(UMG)(リンク )WME(リンク )からの新規投資(リンク )を発表した。またDoppler Labsは同製品の販売を支援するために、Coachella(リンク )、Bonnaroo(リンク )、Outside Lands(リンク )、Tao Group(リンク )、Soul Cycle(リンク )、AM Onlyなどのエンターテインメント・パワーハウスに加え、ティエスト、ハンスジマー、クインシー・ジョーンズら澄明アーティストとパートナーシップを結んだ。

Doppler Labsのノア・クラフト最高経営責任者(CEO)兼共同創設者は「Here Active Listening Systemはいつでも最高のリスニング体験をもたらすツールをユーザーに提供する。われわれはサウンドをさまざまな角度から知覚するものだが、誰もがオーディオがあまりよくなかったコンサートや、泣き叫ぶ赤ちゃんが乗った長距離飛行を経験したことがある。Hereはこうした状況を一変させる。リスナーは何を聞き、それをどのように聞くかを選択可能となり、事態をコントロールできる。われわれの目標はユーザーがノイズと取り組んだり、質の悪いオーディオミックスに絶対に遭遇したりしないようにすることである」と語った。

▽主な機能
実世界ボリュームコントロール:ユーザーがいる世界の周囲の音を望むボリュームにするために周囲の音の量を上げたり、下げたり、弱めたりできる

イコライザー:5つのイコライザー・スライダーを使って、ライブミュージック(ないしは実世界)の低音、中音、高音を調整できる

サウンドエフェクト:残響、フランジ、ビンテージレコードのパチパチ音、エコーなどをコンサートに加えたり、友人の声に付け加えたりすることができる

プリセット・フィルター:Hereの特別なプリセット・アルゴリズム(飛行機での赤ちゃんの泣き声を軽減、地下鉄の甲高い音を抑制、ライブショーでの低音増幅など)を使ってさまざまな日常シナリオに変化をつける

▽画期的な技術とシンプルなデザイン
Hereシステムを支える技術は、これまで登場したどの技術とも根本的に異なっている。一連のシグナルプロセッシング・アルゴリズムは特定の周波数帯域を対象としてサウンドを修正し、それがユーザーの耳に届く。Hereは入力するサウンド・ウエーブをとらえ、リアルタイムでオーディオを処理し、感知できる遅延が生じることなく再生できる(30マイクロ秒以内、これはまばたきの1万分の1に匹敵する)。

Doppler Labsのデザインチームは、その技術と同じくらい感動を与えるフォームファクターの製品を設計した。Hereイヤホンのサイズと形状は複雑に組み込まれた多数のコンポーネントを隠している。完全なワイヤレス・システムはHereスマートフォン・アプリによって自動的にBluetoothを通じてイヤホンと同期する。イヤホンは最大6時間のバッテリー寿命があり、同梱の充電ケースは最大2つの追加充電が可能で電源コンセントの必要がなく、ミュージックフェスティバルや大陸間フライトで使用するには十分の電源を提供する。3つのサイズのカスタム化されたシリコン製チップは安全で快適に耳にフィットする。

▽Kickstarterを通じて独占入手
Doppler LabsはHereシステムをKickstarter(リンク )で独占的に公開し、同サイトの未来志向コミュニティーとのコラボレーションを推進した。KickstarterキャンペーンはHereの開発をサポートし製品の最初の使用者になることを望む消費者にいくつかの報償を用意している。製品に関する報償は現在199ドル(アーリーバード版の179ドルは売れ切れ)で、予定定価よりも20%値引きとなる。キャンペーンには、開発者およびミュージック・プロデューサー向けの報償も含まれ、それにはベータテストへのアクセス、自らのHereオーディオ・フィルター開発と命名ができるDoppler Labのオーディオ・エンジニアとの提携などがある。

▽Doppler Labsチーム:典型的なスタートアップではない
Doppler LabsはGoogle、Amazon、マイクロソフト、Pintarest、Nest、Square、Dropboxなど世界クラスの企業で長年の務めてきた、エンジニアリング、エンターテインメント、デザインの世界の幹部やリーダーから成る実績あるチームを結集した。Doppler Labsは1年足らずで、最初の製品DUBS Acoustic Filters(リンク )を設計、公表した。創設初期の勢いでHere Active Listening System導入の基盤をつくり、Doppler Labsは現時点で約25万のDUBSユニットを売り上げ、スピード、品質、正確さによって事業を遂行する能力があることを実証した。

Doppler Labsのフリッツ・ランマン共同創設者兼執行会長は「Doppler Labsの途方もなく優れたチームは、世界で最も注目を浴びるさまざまな製品開発に寄与してきた。Doppler Labsのエネルギーに匹敵するスタートアップはほとんどない。Doppler Labsはコンピューター、スピーカー、マイクを耳の中に搭載し、オーディオ技術をイマーシブにすることを目標に掲げている。このチームとビジョンを擁するDoppler Labsは、今後十数年にわたりウエアラブル技術のイノベーションを先導することになる」と語った。

▽Doppler Labsについて
クリエーティブ、テック、ビジネスの世界の業界リーダーによって2013年創設されたDoppler Labsは、コンピューティングをよりイマーシブ、ヒューマンにするウエアラブル技術を開発することを使命にしている。当社は短期的には耳にとって「hearables」なウエアラブル技術に注力する。われわれは2015年6月、当社のビジョンを世界と共有する最初の1歩として、Here Active Listening Systemを公開した。

▽報道関係問い合わせ先
Stuart Lambert
Phone: +44-207-067-0519
Cell: +44-78-80-173-801
Stuart.Lambert@webershandwick.com

ソース:Doppler Labs

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。