logo

レノボ、お求めやすい価格でコンパクトな1Uサーバーを日本国内市場に投入

~フロントエンド・サーバーや店舗サーバーに適した1ソケット・サーバーを販売開始~

レノボ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 留目真伸、以下レノボ)は本日、x86サーバー・ラインアップに新たに1UサイズのLenovo ThinkServer RS140を追加し、日本国内で販売することを発表いたしました。Lenovo ThinkServer RS140はフロントエンド・サーバーに必要な性能を満たす1ソケット・サーバーとして、米国他、世界各国で実績のある製品です。日本国内においてチェーン展開される小売店舗や、大規模なデータセンターにおける分散型システムに対するニーズに対し、標準価格106,000円(税別)からとお求めやすい価格帯でご提供し、パワフルな1Uサーバーを必要とされるお客様のニーズにお応えします。



[画像: リンク ]



業界標準のテクノロジーにより、既存のIT基盤に容易に統合可能
ThinkServer RS140はIntel(R) Xeon(R) プロセッサー E3-1200 v3製品ファミリーを含む、Intelプロセッサーを搭載する1Uサイズの1ソケット・サーバーです。最大32GBのメモリー(DDR3)と最大8TBのストレージを内蔵でき、システム管理機能としてIntel AMT 9.1を利用できます。業界標準に準拠したテクノロジーの採用により、お客様は既存のIT基盤への追加による統合管理を容易にするだけでなく、単体で分散環境に設置するサーバーとしてもご活用いただけます。

コンパクトな筐体で多様な設置環境に対応
ThinkServer RS140は1Uサイズ、奥行41.1cmの省スペース型で、システム装置単体の最大重量は7.36kgと軽量なため、搭載するラックを選びません。ケンジントン・ロックに対応したセキュリティー・スロットも装備し、VGA出力とは別にDisplay Port 1個を標準装備するなど、データセンター内での利用にとどまらず、店舗などでの利用も想定した仕様となっています。

容易なセットアップ
ThinkServer RS140は標準同梱されるThinkServer EasyStartupにより、WindowsやLinuxなどの動作確認済みOSの導入を迅速に行えます。また、電源投入から1分弱でOSが起動する(※1)高速性や、筐体前面に2つ、背面に4つのUSBポート(背面4つはUSB 3.0対応)が、導入にかかるIT管理者の作業を容易にします。

(※1 標準装備の内蔵RAIDコントローラー使用時。当社調べ)

ThinkServer RS140の詳細は、レノボのWebサイトをご覧ください。
Lenovo ThinkServer RS140 : リンク

レノボは、Lenovo Corporationの商標または登録商標です。                              その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
レノボ・ジャパン株式会社  エンタープライズ・ビジネス・グループ
お問い合わせ受付窓口TEL:0120-130984(レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社)

【レノボ・ジャパン ホームページ】
トップページ :リンク
プレスリリース :リンク
製品画像ダウンロード :リンク

レノボについて
Lenovo(HKSE:992/ADR:LNVGY)は、Fortune Global 500に含まれる売上高460億米ドルのグローバル企業で、個人向け、事業向け、企業向けに革新的なテクノロジー製品を提供する業界リーダーです。高品質で安全性も考慮されたレノボの製品とサービスは、PC(老舗のThinkブランド、マルチモードのYogaブランドを含む)、ワークステーション、サーバー、ストレージ、スマートTVに加えて、スマートフォン(Motorolaブランドを含む)、タブレット、アプリケーションで構成されるモバイル製品ファミリーにまで広がります。LinkedIn、FacebookおよびTwitter(@Lenovo)で最新情報を提供しています。レノボの詳細については、www.lenovo.com/jp/ja/ でご覧いただけます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。