logo

Milestone SystemsがIHSからNo.1のVMSベンダーとして再度格付け

Milestone Systems 2015年06月16日 09時22分
From 共同通信PRワイヤー

Milestone SystemsがIHSからNo.1のVMSベンダーとして再度格付け

AsiaNet 60868 (0790)

【コペンハーゲン2015年6月15日PRN=共同通信JBN】オープンプラットフォーム型IPビデオ管理ソフトウエア(VMS)企業のMilestone Systems(マイルストーン・システムズ)は、ビジネス情報プロバイダーであるIHS Inc. (NYSE: IHS)から新たに公表されたマーケットリサーチで、企業収益ナンバーワンの世界的VMSベンダーとして再度格付けされた。

Logo: リンク

Milestone Systemsのラース・シンガード社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれMilestone Systemsは、セキュリティー市場におけるこの世界トップの地位を10年以上守り続けていることを誇りに思う。それは当社従業員とわれわれが支援している世界の数千の大切なパートナーの双方による多大な努力の結果である」と語った。

このリポートで明らかになった主要な事実は、製品需要が引き続き迅速に伸びており、ビデオ監視機器に対する世界市場が2015年に157億ドル相当になるということである。価格破壊が成長率に影響を与えているが、顧客の需要は堅調に高まっている。

IHSのビデオ監視分野の主席アナリストであるジョン・クロップリー氏は「われわれはカメラ市場部門と同じレベルの価格破壊をVMSでは経験していない」と述べた。

それは多くの異なるプロバイダーの部品を相互接続、管理するオープンプラットフォーム構成になっていれば特に、ビデオ管理ソフトウエアがソリューションの「頭脳」のような監視システムのコアとして機能する事実を強調する。MilestoneのVMSは、セキュリティーとその他ビジネスソリューションの現行のイノベーションを拡大する将来に備えている。

モバイル・アプリケーションは迅速に利用が伸びており、ファーストレスポンダー(緊急対応要員)や移動するセキュリティー要員、マネジャーあるいはその他職員に取って貴重な恩恵を与える。スマートフォンやモバイルテクノロジーは、21世紀の初めには決定的なテクノロジーとなった。最近では世界の成人人口の約半数がスマートフォンを所有し、2020年までにはその数は80%増になると推定されている。

Milestone Systemsのケニス・H・ピーターソン最高販売・マーケティング責任者は「スマートフォンの広範な採用は、われわれの多くがポケットの中にスーパーコンピューターを持ち運んでいること、VMSユーザー選択がそれに続くことを意味する。Milestone Mobileのクライアントとしてわれわれは、スマートフォンかタブレットが、基本的にほかのカメラにはない別のバーチャルアイのセットを付加して、モバイル・セキュリティー・カメラとして動作できるVideo Pushを提供する。これはあらゆる部門の当社顧客基盤の中で、あまり複雑ではなく、ローカメラカウントの設置とともにハイカメラカウント・ソリューションの両面で大きな人気を呼んでいる」と語った。

▽Milestone Systems(マイルストーン・システムズ)について
1998年に設立されたMilestone Systemsは、オープンプラットフォーム型のIPビデオ管理ソフトウエアのグローバルな業界リーダーであり、現在はキャノン・グループ傘下の独立企業として事業を行っている。管理しやすく信頼性のあるMilestoneのテクノロジーは、顧客の多数設備にインストールされて効果が証明されており、ネットワークのハードウエアおよびその他のシステムとの統合に柔軟な選択肢を提供している。Milestoneのソリューションは100カ国余りのパートナーを通じて販売され、リスク管理、人々と資産の保護、プロセスの最適化、コスト削減などでビデオ機能を利用する組織を支援する。詳しい情報はウェブサイトリンク を参照。

ソース:Milestone Systems

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。