logo

ウォーターズが HPLC と UPLC の両メソッドのギャップを埋める新しい ACQUITY Arc システムを発表

日本ウォーターズ株式会社 2015年06月16日 09時03分
From 共同通信PRワイヤー

2015/06/16

日本ウォーターズ株式会社

ウォーターズが HPLC と UPLC の両メソッドのギャップを埋める新しい ACQUITY Arc システムを発表
~確立された LC 分析法を再現、改善または調整することにより生産性の向上をもたらす LC プラットホーム~

マサチューセッツ州ミルフォード、2015/6/15   ウォーターズコーポレーション リンク (NYSE:WAT) は本日、Waters ACQUITY Arc システム リンクを発表しました。このシステムは、確立された LC分析法を有する分析ラボに、分離性能の再現または改善のための明確な選択肢を提示するクオータナリー LC システムです。ACQUITY 製品シリーズ リンクに新たに追加された ACQUITY Arc システムは、LC 分析法開発時の LC プラットホームに関わりなく、分析法の移管、調整または改善を 1 台の LCで効率的に実現することにより、分析科学者のニーズに応えることを目指して開発されました。ウォーターズは ACQUITY Arc システムの出荷を 6 月末から開始する予定です。

これまで、確立された LC分析法を分析に使用している科学者が HPLC と UPLC のギャップを埋めて使用できる汎用性に優れた LC プラットホームはありませんでした。独自の Arc Multi-flow path テクノロジーにより実現した ACQUITY Arc システムでは、あらゆるHPLC プラットホームの分析法に対応し、妥協することなく再現できます。ACQUITY Arc システムでは適切な流路を選択することで、メソッドのグラジエントテーブルを変更することなく HPLC システムで実行する場合と同等のさまざまな分析を実行でき、装置のスイッチを押すだけで UHPLC と同等の性能がもたらされます。

「ACQUITY シリーズでは当初から、使用している分析法を犠牲にすることなく、幅広い科学者の皆様に製品シリーズを有効活用していただくことを目指して新たな製品を開発してきました」と、Waters Division の Separation Science 担当 Vice President である Ian King は話します。「ACQUITY Arc もこの伝統を受け継いでおり、HPLC と UPLC の性能のギャップを埋める適応性と頑健性を備え、バリデーション済みの分析法を継続してサポートできるテクノロジーを実現します」。

ACQUITY Arc システムでは、グラジエントテーブルを変更することなく確立された HPLC 分析法を再現できるうえ、2.5 ~ 2.7 μm のパーティクルカラムテクノロジーを有効活用して分析法のクロマトグラフィー性能を改善でき、さらに 3 ~ 5 μm の HPLC カラムを用いて以前に開発したアプリケーションもサポートできます。

Ian King は、市場のニーズを満たすことに取り組み続けているウォーターズの姿勢が、新しい ACQUITY Arc システムの導入を決断した源であると考えています。

「ウォーターズは 2 つの重要な目標の実現を心掛けています。その 1 つは顧客のニーズに常にすぐに対応し、寄り添って進んでいくこと、そしてもう 1 つは科学である限り一切の妥協を許さないことです。ある市場分野で UPLC テクノロジーが十分に利用されておらず、その原因が規制上の問題や確立されたメソッドの継続サポートにあることが分かったとき、我々はお客様が最新の LC プラットホームを問題なく採用できるソリューションを開発する取り組みを始めました」。

Ian King は、ウォーターズがこの問題を技術上の課題と考えて対処したとも述べています。つまり、HPLC 分離および UHPLC 分離に対応する、まさしくプラグ・アンド・プレイメソッドを顧客に提供できる手法が検討されました。「その結果、単なる新しい製品の開発にとどまらず、従来の分析法に対応できる長期的なソリューションの開発につながりました」と、Ian King は付け加えています。

ウォーターズは、ACQUITY Arc システムに対応する LC 検出器として、フォトダイオードアレイ検出器、UV/Vis 検出器、蛍光検出器、示差屈折率検出器、エバポレイト光散乱検出器などの相互補完的な検出器を用意しています。また、市場をリードするウォーターズの質量検出器 ACQUITY QDa リンクにも完全に対応しています。ACQUITY Arc システムにはさらに、最新の Auto・Blend Plus テクノロジー リンクも採用されています。このテクノロジーを利用すると、有機溶媒の割合と pH を指定するだけでグラジエントを直接プログラミングできるため、移動相の準備に伴うヒューマンエラーと手動作業の手間を大幅に減らすことができます。ACQUITY Arc システムは、業界をリードするウォーターズのインフォマティクスパッケージ Empower2 または Empower3 ソフトウェア リンクで制御されます。

ウォーターズコーポレーションについて (www.waters.com リンク)
ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は、50年間、未来につながる実用性の高い科学的新技術を提供することによって、研究開発に携わる企業や専門機関の事業の成功に寄与し、世界中の電気・電子・化学材料、ヘルスケア、環境問題の改善、食の安全、水質管理の分野発展に貢献しています。
ウォーターズは、分離分析科学、ラボ情報管理、質量分析、および熱分析製品のパイオニアとして、お客様の確かな事業の成功のために、革新的な技術とラボ向けソリューションを提供いたします。
2014年には19.9億ドルの売上を達成したウォーターズは、世界中のお客様の科学的探究と成功を支援しています。


###

Waters、ACQUITY、ACQUITY Arc、Arc Multi-flow path、ACQUITY QDa、Auto・Blend Plus、 Empower、MassLynx およびUPLC は ウォーターズコーポレーションの商標です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。