logo

ゲーム実況に特化した動画プラットフォーム 「プレイム」のα版を提供開始、人気実況者が多数参画

トレンダーズ株式会社 2015年06月15日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月15日

トレンダーズ株式会社

トレンダーズ、ゲーム実況に特化した動画プラットフォーム
「プレイム」のα版を提供開始、人気実況者が多数参画


「MarTech Company」としてマーケティング×テクノロジーを軸とした事業展開を進めるトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、ゲーム実況に特化した動画プラットフォーム「プレイム」のα版を6月15日に提供開始いたしました。

◆今注目の「ゲーム実況動画」、3人に1人が「見たことがある」
 
家庭用ゲームやスマートフォンゲームをプレイする様子を軽快なトークや解説とともに動画で実況する「ゲーム実況動画」は、ここ数年で急激な盛り上がりを見せています。株式会社Smarpriseが10代~30代の男女約2万人に実施した調査(※)によると、「ゲーム実況を見たことがある」という人は全体の33%という結果となりました。特に20代男性では41%と約4割にものぼっています。また人気のゲーム実況者がテレビをはじめとしたマスメディアに取り上げられる機会も増えています。
一方トレンダーズでは、かねてより動画クリエイターの育成やネットワーク強化に着手してまいりました。このネットワークと動画マーケティングノウハウを活かし、この度ゲーム実況に特化した動画プラットフォーム「プレイム」のα版の提供を開始いたしました。尚、正式ローンチは2015年8月を予定しております。

※調査対象:18~39歳の男女19,760名
 調査期間:2015年3月25日~27日
 調査方法:インターネット調査

◆ゲーム実況者との共同開発により、実況者が最も使いやすいプラットフォームへ

プレイムではゲーム実況者が活動しやすいプラットフォーム作りのために、企画段階からゲーム実況者の意見を最大限に反映させ、共同で開発を進めてまいりました。その結果、本企画に賛同した約30名のTOPゲーム実況者の参画が既に決定しています。参画実況者の合計累計動画再生回数は11億回を超えています。
今後プレイムではゲーム実況を日本のエンターテイメント文化にしていくことを狙い、日本で最もゲーム実況が楽しめるプラットフォーム作りを目指してまいります。

・プレイム(SP/PC) リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。