logo

LCCスクート 9月1日より成田—台北—シンガポール線に ボーイング最新機787(ドリームライナー)を投入

スクート日本支社 2015年06月15日 11時00分
From Digital PR Platform


LCCスクート(日本・韓国支社長:坪川成樹 日本支社:東京都港区)は、9月1日より、成田=シンガポール線(台北経由)にボーイングの最新旅客機787(ドリームライナー)を投入します。これは7月8日に就航予定の関西国際空港=シンガポール線(タイ・バンコク経由および台湾・高雄経由)に続いての787導入となり、これをもってスクートの保有する機材は全て787型機となり、全ての路線を787型機で運航する予定です。(政府認可申請中)

スクートの787ドリームライナーでは、Wi-Fiサービス、座り心地の良い座席など、2015年アジア太平洋地区LCC部門にて最優秀賞を受賞(スクートは2015年にAirRatings.comによりLCC部門最優秀賞に選ばれた)した快適な機内環境をご体感いただけます。加えて、ご好評いただいている豊富な機内食メニュー、足元スペースが広い座席、ストリーミング動画配信、12歳以上の乗客の皆様を対象にしたスクーティン・サイレンス、 そしてもちろんScootitude/スクーティテュード(Scoot+Attitude/スクートとしての姿勢)でご提供致します。

「日本路線を含め全てのスクートの路線が9月よりボーイング最新機である787型機での運航となりますことを大変誇らしく思っております。日本では成田—台北—シンガポール線の運航を2012年10月にスタートして、既に100万人のお客様にご利用いただいております。787型機の導入によってお客様にはより快適に機内でお過ごしいただけることと思います。揺れを吸収・軽減する機能を備え、機内の気圧が従来機より高く、耳や体への負担がかかりにくく、また、湿度も従来の航空機の2〜3倍も高く、肌や装着中のコンタクトレンズが乾燥しにくい機内環境となっています。多くの方にスクートの787型機とスクートが誇るスクーティテュードのサービスを体験いただけることを願っております。」(スクート日本・韓国支社長の坪川成樹のコメント)

■機材概要
1. 機材      :ボーイング787 *時刻表などには“789”で表示
2. 就航開始時期 :2015年9月1日(火)
3. 就航路線    :成田—台北—シンガポール線(TZ201、TZ202)
4. 座席数等    :全375席

クラス/座席数/シートの種類/シートの色・特長
A スクートビズ/35席/スクートビズ・シート/黒革張り。足元スペース96cm
B エコノミークラス/340席
*スクーティン・サイレンス /12歳以下のお客様のいないゾーンで、足元が広いシート
*ストレッチ・シート/前方に座席のないシート
*スーパー・シート/標準タイプよりも足元が広いシート
*スタンダード・エコノミークラス・シート/標準タイプ

5.特長
・ 47センチ×28センチの大きな窓+電動シェイド(サングラス機能)
・ 大きなオーバーヘッドコンパートメント(座席上の手荷物棚)
・ 乱気流(穏やかなもの)の影響を減らす運航システム
・ より快適な機内環境(より快適な気圧、空気清浄、加湿、エンジン音の低下、LED照明)
・ 一席あたりの燃費が20%改善(従来の一般的な航空機と比較した場合)

■サービス
・ Wi-Fiサービス(エコノミークラスは有料、スクートビズは無料)
・ シート電源サービス(エコノミークラスは有料、スクートビズは無料)


【787成田就航特別価格】
就航を記念し、成田、関空からの航空券を特別価格にてご提供致します。
販売期間は日本時間の6月15日(月)午後12時より6月21日(日)23時59分までです。
料金には諸税金は含まれません。

■片道料金
路線/エコノミー /スクートビズ/旅行期間
成田−台北(台湾)/4,980円/15,000円/2015年9月1日〜12月20日
成田—シンガポール/9,980円/18,000円/2015年9月1日〜11月19日
関空—ドンムアン(バンコク)/7,870円/19,000円/2015年7月8日〜10月22日
関空—シンガポール/9,980円/20,000円/2015年7月8日〜10月24日

■往復料金 *下記金額は往復での料金です
路線/エコノミー/スクートビズ/旅行期間
関空−高雄(台湾)/7,870円(往復料金)/15,000円(往復料金)/2015年7月9日〜10月24日


スクートについて
スクート(TM)は、2012年の就航以来、乗客数は累計430万人を突破し、2015年2月には初の787ドリームライナー機を投入いたしました。現在シンガポールからシドニー、ゴールドコースト、バンコク、台北、東京、天津、瀋陽、南京、青島、ソウル、香港、パースへの中長距離線を運航しており、新たに2015年7月に大阪、高雄、11月にメルボルンが加わります。魅力的な価格はもちろんのこと、スクートは安全、信頼、そしてScootitude(TM) /スクーティテュード(Scoot+Attitude/スクートとしての姿勢)で表現される独自の旅行スタイルを提供しいたします。2015年8月末までにスクートは全機材787を導入予定で、Wi-Fi、専用電源などの新たなアメニティを加え、更なる快適さを追求いたします。このようにスクートは多様化する長距離旅行者のニーズに今後も応えてゆきます。
航空券のご予約はホームページ:FlyScoot.com、コールセンター:03-4579-5788、もしくはお近くの旅行会社までご連絡ください。
詳細はホームページ:FlyScoot.com 、Facebook:Facebook.com/FlyScootをご参照ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。