logo

ネットワークインフラは、イミュータブルなものになれるのか?

F5ネットワークス株式会社 2015年06月15日 09時00分
From PR TIMES

「仮想化やクラウドを基盤とした新しいインフラの考え方」

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古舘正清、以下F5)は、F5ネットワークスが運用するエンジニア向けブログサイト「F5 DevCentral」(リンク)に、仮想化やクラウドを基盤とした新しいインフラの考え方である「イミュ―タフ゛ルインフラストラクチャ」に関するブログ(リンク)を掲載しました。



[画像1: リンク ]

「F5 DevCentral」は、191ヶ国、160,000人の技術エキスパートのコミュニティサイトであり、日々最新情報がアップデートされています。今回は、F5ネットワークスのテクノロジー・エバンジェリストである、Lori McVittie (リンク)の最新ブログ投稿「イミュータブルインフラストラクチャ」の翻訳版をお届けいたします。

イミュータブルインフラストラクチャという、新しいインフラのディプロイメント方法が登場して注目を集めています。本ブログでは、注目されている背景から理由を解説。さらに、「ネットワークインフラには適用できるのか?」という新しい切り口で、その真相に迫ります。

ブログのハイライト
1.イミュータブルインフラストラクチャは何を意味するのか
2.ソフトウェアエントロピーと古いものを破棄する理由
3.ネットワークインフラストラクチャはイミュータブルなインフラになり得るか
4.アプリケーションサービスとの親和性とイミュータブルの恩恵

以下にブログの冒頭より一部をお伝え致します。全文は、Dev Centralにおいて、こちら(リンク)よりお読みいただけます。

イミュータブルインフラストラクチャ、私は使い捨て可能なインフラストラチャと呼んだ方がふさわしいと思うのですが、この1年でDockerとコンテナ化技術の成功によって再び注目を浴びました。また、DevOpsは、自動化と関連する使い捨て可能なインフラストラクチャの概念と、取得から構成までのすべてを自動化して、アプリケーションデータパスのあらゆるものを提供する「テンプレート」の使用を復活させるうえで役割を果たしてきました。

技術トレンドが、昨今のビジネスの核であるアプリケーション開発から、アプリケーションデータパスの終点であるネットワークに必然的に移行しているため、ネットワーク インフラストラクチャがイミュータブル(”不変”)であるかどうかを考えるのは当然のことです。結局、SDNのようなトレンドによって、まったく反対の方向、つまり、変わりやすく、非常に活力的な方向に進むことが目標であることがわかるため、ネットワークのあらゆるものに不変性を適用することは直感に反することのように思えます。

この問題に答える前に、イミュータブルインフラストラクチャが何を意味するのかについてちょっと考えてみる(場合によっては、再考する)必要があります。

こちらより先はDev Central(リンク)において全文をご覧ください。

[画像2: リンク ]



当ブログに関するお問い合わせ
F5 ネットワークスジャパン株式会社 小保方 順子
03-5114-3640  y.obokata@f5.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。