logo

バラクーダネットワークス、Microsoft Office 365環境をサポートするSaaS「Cloud-to-Cloud Backup」サービスを提供開始

・ バラクーダネットワークスがSaaS(Software-as-a-Service)「Cloud-to-Cloud Backup」サービスを立ち上げ、まずはMicrosoft Office 365環境のサポートを開始しました。
・ Barracuda Backupにより、柔軟なデータの長期間保存を実現し、管理者は外部ディスクやテープにデータを容易にエクスポートできるようになります。

バラクーダネットワークスは本日、企業におけるデータ保護およびディザスタリカバリのニーズに応えるために、同社の柔軟性に富んだ既存オプションを拡張すると発表しました。バラクーダネットワークスの新SaaSバックアップオプション「Cloud-to-Cloud Backup」では、サポートされているクラウド環境からバラクーダネットワークスのクラウドストレージにデータを複製することが可能となり、Barracuda Backupで長期的なデータ保存および物理環境から仮想環境への移行オプションを提供開始します。

ロッド・マシューズ(Rod Mathews)のコメント
(バラクーダネットワークス、ストレージ担当ジェネラルマネージャ)
「当社は、IDCの『Integrated Purpose Built Backup Appliances(統合型専用バックアップアプライアンス)』のカテゴリにおけるワールドワイドのユニットリーダとして、お客様に提供する付加価値の拡大を最優先事項としており、データの保護および災害時におけるサービスの迅速な復旧など柔軟なオプションを用意しています。企業はSaaSアプリケーションを採用し、インフラをクラウドに移行しつつあり、従来と同レベルの物理サーバ、仮想サーバ、そしてクラウドサービスの保護機能を提供することが重要となっています。SaaSアプリケーション向けのCloud-to-Cloud Backup を含むBarracuda Backupの新オプションは、データ保護およびディザスタリカバリにさらなる柔軟性を加えたものとなっています。」

SaaS(Software-as-a-Service)バックアップ
バラクーダネットワークスの新Cloud-to-Cloud Backupでは、Exchange Onlineおよび OneDrive for Businessを含むMicrosoft Office 365をサポートしています。これにより、Microsoft Office 365 環境の保護に課題を抱えるIT管理者は、安全な接続によりデータを複製し、Barracuda Cloud Storageに保存できるようになります。紛失したデータも、より簡単に検索し回復させることも可能となります。また、場所を問わずアクセス可能なWebベースの一元管理コンソールBarracuda Cloud Controlから、Microsoftにホスティングされるアプリケーションにデータをダイレクトにダウンロードまたは復元することもできます。その他以下の特長があります:

・ 不注意または意図的なデータ喪失に対する保護
・ カスタマイズが可能な保存ポリシーおよびきめ細かい選択機能
・ 自動または手動によるバックアップ
・ 検索、複数選択保存、ダウンロード
・ Barracuda Cloud Storageを地理的に分散した大規模データセンターに実装可能
・ 転送データをHTTPS/SSLで暗号化、および保存データをAES 265ビッドで暗号化

データの長期間保存に対する柔軟なオプション
データの長期保存のニーズに対して、Barracuda Backupでは、オフサイトボールトを活用してバラクーダネットワークスのCloud StorageまたはオフサイトのBarracuda Backupアプライアンスに改訂履歴を保存することができます。Barracuda Backupでは、ディスクやテープなどの外部メディアに改訂履歴をエクスポートするオプション機能が追加されています。その他以下の特長があります:

・ スケジューリングまたはオンデマンドにより、ファイル、フォルダ、データベース単位で、ディスク、テープドライブ、オートローダ、ロボティックライブラリなどにエクスポート
・ 自動スケジューリングやメディアローテーション、データの暗号化および圧縮、バックアップの完了またはエラーを通知するアラート

Barracuda Backupは、バラクーダネットワークスのData Protection Plus戦略計画の一環であり、場所やデバイスを問わない重要データへのアクセス、保存、共有を支援することを目的としています。Data Protection Plusに関する詳細は、リンク をご覧下さい。

(利用について)
Microsoft Office 365対応のBarracuda Cloud-to-Cloud Backupは、約2ヵ月後に提供開始される予定ですBarracuda Cloud-to-Cloud Backupの価格と利用に関する詳細は、リンク をご覧下さい。

(関連資料)
・Barracuda Backupに関する詳細は、リンク をご覧下さい。
・「IDC Worldwide Quarterly Purpose Built Backup Appliance Tracker, CQ4」2015年3月刊

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応セキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。

スパム対策アプライアンスとしては2005年から7年連続で、導入出荷実績で国内No.1、さらにWebアプリケーションファイアウォールは2007年から7年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続しています(冨士キメラ総研:2014ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<上巻:市場編>)。

2013年11月、ニューヨーク証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、リンク をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

* 本リリースは、Barracuda Networks Inc.が2015年6月10日(水)に発表したプレスリリースの和訳版となっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。