logo

コミュニケーションを効率化する基本的な考え方

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「コミュニケーションを効率化する基本的な考え方」を公開しました

###
普段はこのコラムコーナーで総務部門の方々向けにPBX(構内交換機)に加えて新しいITソリューション「ユニファイド・コミュニケーション・ソリューション」の話を書いていますが、今回は、「コミュニケーションのIT化による効率化が、コストの圧縮を実現。その基本的な考え方とは?」という内容で書きます。
ビジネスコミュニケーションの手段によって利用するツールはまちまちです。

たとえば電話の場合は音声のみです。テレプレゼンス(ビデオ会議)の場合は音声と映像でコミュニケーションをしますので、実際に会って話す会議とかなり近い状態でのコミュニケーションになります。
テレプレゼンス(ビデオ会議)の技術は日進月歩の勢いで進化しているので、数年前の常識は常識ではなく、ビデオ会議であることを意識して、ゆっくり話したり、大きな声で話したりする必要はなく、いつもの調子で会議をするイメージで遠隔地と会議ができます。

電話もビデオ会議もリアルタイムに相手方の時間を占有してコミュニケーションをするツールです。お互いに時間が空いていれば、大変効率的なツールになります。


一方で、社内SNSや電子メールなどは相手の時間を占有しないコミュニケーションツールになります。こちらはテキスト情報だけではなく、最近はビデオメールも送信できるようになり、相手が好きな時間にコミュニケーションに参加できる、非リアルタイムコミュニケーションになります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。