logo

kibidango、メールアドレスと携帯電話番号で簡単に決済可能な「Paidy(ペイディー)」導入。

きびだんご株式会社 2015年06月12日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月12日

きびだんご株式会社

クラウドファンディングで、目標達成後に支払うコンビニ・銀行振込を実現。
kibidangoは、メールアドレスと携帯電話番号で簡単に決済可能な
「Paidy(ペイディー)」を、6月12日(金)より導入いたします。

 きびだんご株式会社(所在地:東京都目黒区、代表取締役:松崎良太)が運営する、クラウドファンディング型ECサービス「kibidango(きびだんご)」は、2015年6月12日(金)より、メールアドレスと携帯電話番号で決済が可能なオンライン決済
サービス「Paidy(ペイディー)」(以下、Paidy)を導入いたします。また、国内クラウドファンディングサイトでのPaidy導入は初となります。
 Paidyを利用した支援・お買い物は、翌月にコンビニ・銀行でまとめて支払いを行う仕組みです。Paidy導入によって、簡単・便利な支援(出資)を可能にするだけでなく、資金調達を目指す方にとっても、より多くの支援獲得に繋がることを期待しています。

【Paidy導入のポイント】
1. クレジットカード不要。メールアドレスと携帯電話番号で簡単に決済可能。  
kibidangoはこれまで、クレジットカード決済の他にも「楽天ID決済」や「PayPal」を導入してきましたが、いずれもクレジットカードを持っていない方はご利用いただけませんでした。Paidyは、支援時にメールアドレスと携帯電話番号を入力し、SMSで送られる認証コードで本人確認を行う仕組みです。支払いは、プロジェクトが終了した月の翌月10日までに、コンビニや銀行でお支払いいただきます。

2. 翌月支払いで、プロジェクト不成立の場合も返金が発生しません。
クラウドファンディングでは、期間内に目標金額を調達できなければ、プロジェクトが不成立となる「All or Nothing(オールオアナッシング)」方式が一般的です。他社既存サービスのコンビニ・銀行振込の場合、支援した時点で支払いが必要となるため、その後プロジェクトが不成立となった場合は、あらかじめ登録した口座への返金が発生します。Paidyの場合、プロジェクトが成立した場合のみ決済が行われるため、kibidangoでは事前の口座登録や振込手数料負担など、支援者の方の面倒な手続きや
負担が発生しません。

【利用可能なコンビニ・金融機関】
・コンビニ:ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・サンクス・サークルK
デイリーヤマザキ・スリーエフ・セイコーマート

・金融機関:全国ほとんどの金融機関をご利用いただけます。銀行口座へのお振込か、
Pay-easy(ペイジー)を利用してのお振込をお選びいただけます。

※詳しいご利用の流れは、以下の「コンビニ決済/銀行振込について」をご覧ください。
リンク

※Paidyに関する詳細は、公式サイトをご覧ください。
リンク

【kibidango(きびだんご)について】
「kibidango」は、「クラウドファンディング型ECサービス」です。中長期的にお客様との
関係性を築いていくネット通販の仕組みと、商品やサービスに共感を通じた「自分ゴト化」
という付加価値を提供するクラウドファンディングを組み合わせた、今までにない新しい
プラットフォームを提案しています。今まで8割以上のプロジェクトが目標を達成し、特に
個人事業主やスタートアップ、ものづくり系のプロジェクトが多いのが特徴です。
リンク

■報道機関からのお問い合わせ先
きびだんご株式会社 担当:三木
TEL : 03-6324-8002 MAIL : pr@kibi-dango.jp

■Paidyについて報道機関からのお問い合わせ先
株式会社エクスチェンジコーポレーション 担当:勝田
TEL : 03-5545-5975 MAIL : pr@paidy.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。