logo

【無料】たがみよしひさによるコミック『なあばすぶれいくだうん』(電子書籍版)第1巻を期間限定で無料配信!

株式会社ブックビヨンド 2015年06月12日 13時20分
From PR TIMES

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、iBooks、GooglePlayストアの各電子書店にて、6月25日(木)までの期間限定で「なあばすぶれいくだうん」シリーズの第1巻を無料にて配信します。



[画像: リンク ]



■「なあばすぶれいくだうん」とは

北千住のとあるビルに事務所を構える「田沼平九郎探偵事務所」。そこで働くのは、頭脳は明晰だけど致命的な虚弱体質を抱える名探偵・安堂 一意(あんどう いちい)、推理力皆無、肉体労働専門の三輪 青午(みわ しょうご)、口の悪い情報収集家・田沼 京子(たぬま きょうこ)など、個性あふれるメンツばかり。今日はどんな難事件が舞い込んでくるのか――!?

『月刊コミックNORA』において1988年9月号から1997年4月号まで連載され、練りこまれたロジックと痛快な推理展開で人気を博したコミックシリーズ。作者・たがみよしひさの代表作『軽井沢シンドローム』を筆頭に、『我が名は狼』『フェダーイン:戦士』『依頼人から一言』のキャラクター達も、それぞれゲストで出演します。
第1巻無料のこの機会に、ぜひご一読ください。


■期間限定特別価格タイトル詳細

タイトル:『なあばすぶれいくだうん 1』
著者:たがみよしひさ
期間:2015年6月12日(金)~2015年6月25日(木)
販売価格(税抜):通常価格429円→期間限定特別価格0円
発行:学研パブリッシング
内容紹介:
虚弱体質だが頭脳明晰な安堂一意と、パワーがすべての三輪青午という凸凹探偵コンビが大活躍! 作者独特の三頭身と八頭身のキャラが入り混じる画風も魅力のひとつ。「とつぜん圭子は消えてしまった」「明日墓村」「されど愛しき女よ」他収録。


◇Kindleストア
リンク

◇楽天Kobo電子書籍ストア
リンク

◇iBooks
リンク

◇GooglePlayストア
リンク


■「なあばすぶれいくだうん」シリーズ一覧

『なあばすぶれいくだうん』1~13巻

◇Kindleストア
リンク

◇楽天Kobo電子書籍ストア
リンク

◇GooglePlayストア
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。