logo

銀聯カードの世界発行枚数が50億超える 中国銀聯会長がミラノで発表

銀聯国際(UnionPay International) 2015年06月12日 12時40分
From 共同通信PRワイヤー

銀聯カードの世界発行枚数が50億超える 中国銀聯会長がミラノで発表

AsiaNet 60863 (0785)

【上海(中国)2015年6月11日新華社=共同通信JBN】UnionPay(銀聯)カードの累積発行が世界で50億枚を超え、銀聯は中国居住者にとって好ましいブランドになった-。中国銀聯(China UnionPay)の葛華勇会長(董事長)は6月10日、ミラノの2015年上海市キャンペーン開会式でこう語った。

葛会長は安全、便利で優先的、革新的な支払いサービスは生活をより便利にし、消費を刺激し、取引を容易にし、スマートな都市建設で世界と接続するが、UnionPay(銀聯)はこのトレンドの成長機会を求めていると述べた。

UnionPay(銀聯)はミラノ万博中国パビリオンの公式支払いサービス・プロバイダーで、ミラノにおける上海市キャンペーンのパートナーでもある。

UnionPay(銀聯)は世界最大のカード所有者基盤に対する支払いサービスを提供する一方、上海を含む大都市と緊密に協力してサービスを改善している。

支払いネットワークは居住者が公共事業の支払いやクレジットカードの請求書の支払いを便利に行えるプラットフォームを構築した。また簡単なタップアンドゴーで支払いを完了えきる少額チケット取引向けの非接触型のUnionPay(銀聯)クイックパス(QuickPass)・サービスも推進している。

UnionPay(銀聯)は支払い市場のトレンドに沿って、オンライン支払いプラットフォームをつくり出し、モバイル支払いの努力を強化している。そのオンライン、モバイル支払いユーザーはこれまでに2億人を超えている。

海外市場では革新的なUnionPay(銀聯)製品とサービスはますます使われるようになり、中国本土以外の1000万のオンライン商店が現在UnionPay(銀聯)カードによる支払いを受け入れている。UnionPay(銀聯)チップカードは大規模に発行されており、クイックパスを含む革新的なアプリケーションも豊かになっている。

同会長は「何年もの探求の後、現在の市場環境とトレンドを考慮して、UnionPay(銀聯)はその発展に適した戦略的立場を発見した。それは世界的な影響力を持つオープンで包括的なサービス・プラットフォームになる」と述べた。

さらに「この目標を実現するためには国際化が不可欠である。13年間の急速な発展の後、UnionPay(銀聯)は支払いネットワークとしては世界取引量で現在2位、受け入れ範囲では3位にランクされている。これは世界的発展の基礎であり、UnionPay(銀聯)を世界的ネットワーク、国際的ブランドにするためグローバルに進むという戦略を維持する」と語った。

銀聯国際(UnionPay International)も同日、イタリア最大のアクワイアラーであるCartaSiと提携し、CartaSi傘下の商店1万5000軒が今年7月末までにUnionPay(銀聯)カードを受け入れると発表した。

詳しい情報はリンク へ。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。