logo

旅行ガイド・ご当地本のいいとこどり 電子書籍サービス『たびのたね』、中部地区6県を対象エリアに拡大

~北陸エリアに続いて、静岡・愛知・新潟・山梨・長野・岐阜 ご当地出版社・新聞社とも提携スタート~

 JTBグループで旅行関連情報の出版・販売、Web関連事業を手がける株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:里見雅行)は、電子書籍サービス『たびのたね』サイト( リンク )において、中部地区6県(静岡県・愛知県・新潟県・山梨県・長野県・岐阜県)を対象エリアに拡大しました(*)。



 『たびのたね』は、旅行ガイド・ご当地本が購入できる電子書籍サービスとして2014年10月にオープンしました。
 北海道・沖縄の雑誌・書籍を対象にスタートし、九州、関東、北陸と順次対象エリアを拡大しています。『たびのたね』では、旅行ガイドブックなどの「一部の記事だけが欲しい」というご要望にお応えし、雑誌や書籍をエリアや特集ごとの抜粋版でも購入することを可能にしました。
 また、購入したタイトルをまとめて(「まとめたね」機能)、1冊の電子書籍として利用することができ、ユーザーは出版社や雑誌・書籍の枠を超えて、自分だけのオリジナルパッケージを作ることができます。

 今回のエリア拡大においても、JTBパブリッシング発行の『るるぶ情報版』シリーズや『Hanako』(マガジンハウス)などの旅行ガイドや雑誌のほか、新たに静岡新聞社(静岡県)、しずおかオンライン(静岡県)、リベラル社(愛知県)、流行発信(愛知県)、エイチ.ケイ コネクション(新潟県)、ジョイフルタウン(新潟県)、ニューズ・ライン(新潟県)、山梨日日新聞社(山梨県)、軽井沢新聞社(長野県)、しなのき書房(長野県)、まちなみカントリープレス(長野県)などご当地出版社と提携し、地元以外では入手しにくい出版物を多数取り揃えています。

 エリアの拡大を記念して、6月30日(火)まで中部エリアの旅行ガイド・ご当地本をすべて30%OFFで販売するほか、サイト内で各ご当地出版社を紹介する特集ページを開設します。

*新潟県、山梨県、長野県の旅行ガイド・ご当地本は一部先行して販売を開始しています。

[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。