logo

クラウドワークス、動画学習サービス「schoo(スクー)」と事業提携 教育プログラム構築やデータ連携を通じたクラウドワーカーの能力開発を開始

株式会社クラウドワークス 2015年06月12日 09時00分
From PR TIMES

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、インターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo(スクー) WEB-campus」を運営する株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森健志郎、以下スクー)と事業提携いたしますのでお知らせいたします。



[画像1: リンク ]



1.概要
当社は、2012年3月21日にクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」のサービスを開始。以来、全国の企業と個人で働く人々をつなぎ、時間や場所にとらわれずに働く機会を提供するプラットフォームとしてサービスを展開しております。2015年6月現在、会員数65万人、クライアント企業は9.4万社に達しておりますが、当社サービスで流通される仕事の約9割が東京以外で受注されております。こうした地方需要の高まりをうけ、当社では宮崎県日南市をはじめとした行政・地域団体などと連携して全国で教育セミナーを実施しておりますが、利用者が急増するなかで、より広域を網羅する教育環境の提供が急務となっております。

こうしたなかで、今回当社は全国のクラウドワーカー向けの新たな支援施策として、スクーとの事業提携を決定。提携プロジェクトの第一弾として、6月12日より、クラウドワークスの会員向けに、「schoo(スクー) WEB-campus」上で、クラウドワーカー向けカリキュラムを無料受講できるサービスの提供を開始いたします。本サービスでは現在、デザイナー向けのカリキュラム全9コマ(1コマ約60分)を公開しており、6月18日より、両社の共同開発となるライター向けカリキュラム5コマの開講・収録を予定。クラウドワークスの会員はリアルタイム受講・録画視聴を問わず、無料でご視聴いただくことが可能です。

現在、スクーと当社ではさらなる連携強化へ向けた協議を進めており、スクーでカリキュラムを受講したクラウドワーカーのプロフィール画面に受講証明を表示するバッチプログラムの今夏開始をはじめ、スクー上での個人の学習ログとクラウドワークスのユーザーデータを紐付けたプロジェクトを段階的に実施する予定です。スクーと当社では、これらの施策を通じて、クラウドワーカーのスキルアップ支援と、時間や場所にとらわれない、新しいワークスタイルの推進に取り組んでまいります。
[画像2: リンク ]



2.無料開放されるカリキュラムの詳細
スクーとの提携プロジェクトの第一弾として、【クラウドソーシングデザイナー向けカリキュラム】と【クラウドソーシングライター向けカリキュラム】の2つの特別カリキュラムを無料で開放※いたします。
カリキュラムページ: リンク

A.クラウドソーシングデザイナー向けカリキュラム
バナー制作のデザインクオリティをアップさせるための方法を学ぶことができます。見直しポイント、デザインの表現方法、Adobe Illustrator、Adobe Photoshopの作業効率を2倍に上げる方法等を学ぶことのできるカリキュラムです。

B. クラウドソーシングライター向けカリキュラム
直しが少ない正確な文章を書くためには欠かせないライティング方法を学ぶことができます。文字数制限のある文章作成、Webライティングに欠かせないSEO概念までを学ぶことのできるカリキュラムです。

※クラウドワークスの会員・スクーの有料会員以外は、生放送の受講のみ無料となります
※オンライン授業の受講にはスクーの会員登録(無料)が必要です

3. schoo WEB-campusとは? (リンク)
株式会社スクーが運営する、IT 領域に特化した仕事に活きる動画学習サービス。現在約16 万の会員を抱え、過去 3 年間で約 2,000 本の授業をオンライン上で無料開講してきた。インターネット放送に特化した授業を、ほぼ年中無休で開講しています。録画を“見るだけ”の e-ラーニングと違い、年齢・住まい・職業等、異なる背景や価値観を持っている人達がコミュニケーションを取ったり、先生に質問したりできることが特徴です。

4.株式会社クラウドワークスについて
当社は、「”働く”を通して人々に笑顔を」をミッションに、インターネットで仕事を受発注することができる日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス(リンク)」を展開しております。日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」選出、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークススタイル革新賞(審査委員会特別賞)受賞。地方行政および地域の150団体と連携して地方創生に取り組んでおり、岐阜県や福島県南相馬市との提携、2015年には宮崎県日南市と共同でクラウドワーキングでの地域就労支援プロジェクトを開始いたしました。

当サービスでは、2015年6月現在65万人を超える登録ユーザーにご利用いただいており、クライアント数は上場企業を筆頭に9. 4万社に達し、経産省・国交省・外務省・総務省・環境省・農水省の政府6省を筆頭に、約20の行政関連団体にもご利用いただいております。これらの団体・企業と個人がオンライン上で直接つながることで、個人にとっては時間や場所にとらわれない新しい働き方、団体・企業にとっては柔軟かつスピーディで費用対効果の高い、新しい人材活用のあり方を提案いたします。さらには、仕事のみならず教育、社会保障の提供により個人が安心して働けるインフラを構築することで、多様な働き方を自由に選ぶことができる、笑顔あふれる世界を作ってまいります。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区神南1-18-2 フレーム神南坂3階
設 立:2011年11月11日
事業:エンジニア・クリエイターのクラウドソーシングサービス
資本金:1,440,698千円
URL: リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社クラウドワークス Email:info@crowdworks.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。