logo

寺田倉庫「minikuLOVE(ミニクラヴ)元カレBOX・元カノBOX」がコードアワード2015「ベスト・キャンペーン」受賞!

寺田倉庫 2015年06月11日 12時10分
From PR TIMES

「minikuLOVE」は寺田倉庫「minikura(ミニクラ)」が提供した昔の恋人との思い出の品を密かに楽しめる専門サービス

寺田倉庫が運営するクラウド収納サービス「minikura(ミニクラ)」が提供した、昔の恋人との大切な思い出の品を預かり、保管中、誰にも気づかれずにWEB上で楽しむことができるサービス「minikuLOVE元カレBOX・元カノBOX」が、『コードアワード2015』(株式会社D2C主催)にて『ベスト・キャンペーン』を受賞しました。



 寺田倉庫(東京都品川区)が運営する預けたものをWEBで管理できる業界初のクラウド収納サービス「minikura(ミニクラ)」が提供した、昔の恋人との大切な思い出の品を預かり、保管中、誰にも気づかれずにWEB上で楽しむことができるサービス「minikuLOVE元カレBOX・元カノBOX」が、『コードアワード2015』(株式会社D2C主催)にて『ベスト・キャンペーン』を受賞したことをご報告いたします。

 『コードアワード2015』は、総合的なデジタル広告・マーケティングのアワードとして、2014年4月1日から2015年3月31日の期間、各種デジタルを活用し、実施・開始されたマーケティングコミュニケーションの事例を対象としてエントリー募集を実施。今回、エントリー全123作品から27作品が最終審査に進みました。

 『コードアワード2015』オフィシャルサイト リンク

 「minikuLOVE」は2014年4月14日から同年10月まで提供していたWEBサービスです。インターネットで注文すると送られてくる専用BOXに、ラブレターや写真、プレゼントされたアクセサリーなど昔の恋人との思い出の品を詰めて発送すると、専門のスタッフが一品ずつ写真を撮ってリスト化し、ユーザーはWEB上のマイページから思い出の品を当時の記憶とともに保管することができます。さらに、プロの声優が預けたラブレターを代読して音声保存がする「ラブレター肉声化システム」や、思い出の品を価格査定できる「愛情価格化システム」などの各種機能も搭載し、大切な思い出を密かに楽しむことができます。

 本サービスは、開始以降、TV、新聞、雑誌、WEBメディアなど、600件以上の様々なメディアで多数取り上げられ、WEBサービスとしては異例の非常に大きな注目を集めました。このような話題性や、デジタルとリアルを融合させたサービスとして、お客様に対し、新たな「体験」を創出できたことなどが評価されたとして『ベスト・キャンペーン』を受賞しました。

 なお、7月16日(木)に開催される『コードアワード2015贈賞式』(於:表参道ヒルズ「スペースオー」)では、本サービスへの贈賞、及び解説、審査員によるパネルディスカッションが行われる予定となっています。
 
 今後もminikuraは幅広いニーズにお応えするべく、様々な価値を提供し、より多くのお客様の生活に密着したサービスを展開してまいりますので、以降の展開にもご注目下さい。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



寺田倉庫【minikura(ミニクラ)について リンク
minikuraは保管とWEBが融合した業界初のお預かりサービスです。専用のダンボールにモノを詰めて送るだけ。倉庫に届いたダンボールを専用スタッフが丁寧に1点1点写真撮影するので、預けたモノをWEB上で手軽に管理し画像で管理することができます。衣類などはオプションサービスでクリーニングを頼むことができ、ヤフオク!への出品やコミュニティサイトへの投稿も簡単にできるようになっています。

寺田倉庫(Warehouse TERRADA)
事業内容:倉庫業、不動産業
代 表 者:社長執行役員CEO兼COO兼CCO 中野 善壽
所 在 地:〒140-0002東京都品川区東品川2-6-10
設  立:1950年10月

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。