logo

「すごいのが出たね」… 6月10日=ロボットの日にeBookJapanから『ロボット三等兵』が初電子書籍リリース!!



マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、6月10日(水)のロボットの日に1955年に貸本漫画として刊行された『ロボット三等兵』シリーズの発売を開始いたします。

著者の前谷惟光は第二次大戦で中国等を転戦し、復員後に挿絵画家から漫画家に転身。『トッピ博士』や『火星の八ちゃん』を発表した後、1955年に貸本漫画として『ロボット三等兵』を発表しました。

同作はその後「少年クラブ」(講談社)等でも連載され、昭和30年代に大ヒットを記録。愛嬌のあるキャラクターや「いやなことをいうね」「へんなやつだね」「すごいのが出たね」といった常套句をオマージュとして描く漫画家は今でも少なくありません。前谷自らの苛烈な戦争体験を元に、戦争の馬鹿馬鹿しさや不条理さをベースにコミカルな笑いへと昇華させた、この名作を戦後70年、作品発表から60年の節目の年に、後世に伝えるべく電子化いたしました。

また、今回の『ロボット三等兵』のリリースに合わせまして、6月10日(水)より「ロボット漫画特集」を公開、『鉄腕アトム』『マジンガーZ』『ゲッターロボ』『機動戦士ガンダム』等の名作を中心に、特選ロボット漫画24作品の購入ユーザーに対して、単巻10倍・全巻20倍のeBookポイント付与キャンペーンを実施いたします。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



   


◆著者プロフィール  前谷惟光(まえたに・これみつ)         
1917年、東京都出身。東京高等工芸学校(現千葉大学工学部)中退後、日本画家の尾竹国観に師事。1939年召集、中国、ビルマ戦線を転戦。復員後『火星の八ちゃん』『トッピ博士』を発表。『ロボット三等兵』は貸本からスタートし、「少年クラブ」をはじめ様々な雑誌で連載されるロングヒットとなった。その他、落語や童話の漫画化作品、多数。1974年、没。

◆前谷惟光作品リリースタイトル名  ※各巻300円(税別)

[画像4: リンク ]

◆特集ページ 6月10日(水)公開予定
リンク

eBookJapanは後世に伝えるべき貴重な出版資産の電子書籍化に今後も積極的に取り組んでまいります。

■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、37万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、背表紙表示も可能な “トランクルーム本棚”
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

※1 有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。