logo

シアンス・アール IoTを加速させるインメモリ型の時系列データベースInfiniFluxをクラウドサービスとして提供開始

~Interop 2015 ShowNetのIoTデータ分析、SEIM分野で製品採用決定~

株式会社シアンス・アール(代表取締役社長:平岡 秀一、本社:東京都中央区)は、インメモリ型の時系列データベース「InfiniFlux」のクラウドサービス「InfiniFluxクラウド」(インフィニフラックスクラウド)の提供を2015年7月から開始いたします。「InfiniFlux」は、6月10日から開催されるInterop2015内での「ShowNet」のIoTデータ分析、および、SEIM分野での製品として採用され、ライブデモ展示を行います。



InfiniFluxクラウドは、センサーデータや、ログデータを収集・可視化できるクラウドサービスです。従来、センサーデータやログデータなど、発生した順序に意味を持つ時系列データの収集・可視化を同時に行うためには、高スペックのマシンを用意し、複雑な設定を行う必要がありました。InfiniFluxクラウドは時系列データに特化したデータベース技術を利用することで、より高速にデータを収集し、リアルタイムの可視化を実現します。InfiniFluxクラウドは、このコア技術をクラウドサービスとして提供し、お客様が短期間で簡単に分析を行うシステムを構築できるように支援します。

InfiniFluxは、これまでの製品にはなかったインメモリ型の時系列データ処理に特化した製品です。IoTの普及に伴い増加している多くの端末やセンサーからデータを収集し、リアルタイムの監視・分析を実現します。オフィスビル内の、温度、湿度、電流、電力などのセンサーデータ監視、車両データの速度センサーや加速度センサーなどの監視、ネットワーク機器やサーバのログデータから稼働状態の監視、SNSで流れるテキストデータの検索など、利用できる範囲は多岐に渡ります。
[画像: リンク ]

■InfiniFluxクラウドの特長
1. 高速技術をスモールスタートで利用できる
・データ活用のためのインフラ構築、運用にかかる時間とコストを最小化します。InfiniFluxクラウドは大量の時系列データに特化したデータ処理技術をスモールスタートで利用することができます。

2. 時系列に発生するデータに特化した高速なデータベースを活用
・時系列に発生し、保存・分析するデータは、変更・削除されるケースがほとんどありません。InfiniFluxは、このデータの特性に着目して、データの追記と過去データの削除に特化することで、数百万件のデータの収集と可視化を高速に行います。

3. SQLをサポート。NoSQLの長所である処理速度と従来のデータベースのナレッジを両立
・時系列に発生する最新のデータはインメモリ上で処理(特許技術)、古いデータは一次的なインメモリ利用と最適化されたインデックスを使用することにより高速処理を実現します。また、従来のデータベース技術者が多く利用するSQL文を使って、より高度な検索も行うことができます。

■価格
・スタンダードプラン 初期費用0円、月額費用36万円、保存データ量4TBまで
・プレミアムプラン  お問い合わせください。

InfiniFluxクラウドに関する詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください
リンク

■ 会社概要
株式会社シアンス ・ アール
設立:2003年9月19日
資本金:5,000万円
代表取締役社長:平岡 秀一
本社所在地:〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-3-17 日本橋三洋ビル7F
事業内容:ソフトウェアプロダクトの販売及び当該ソフトウェアプロダクトの利用を支援する各種サービスの提供

■製品・サービスに関するお問い合わせ先
株式会社シアンス・アール
技術本部
沖本、近野
TEL:03-5651-6120
E-mail:info@science-arts.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。