logo

パイプドビッツ、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」新版1.11.11を発表 ~UIを刷新し操作性を大幅に向上、一覧表XSLT対応やバッチ処理機能も搭載~

 株式会社パイプドビッツ(本社 東京都港区、代表取締役社長CEO 佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」をバージョンアップし、2015年7月15日に新バージョン1.11.11の提供を開始します。本日6月9日に新バージョン1.11.11ベータ版の受付を開始しますので、併せてお知らせいたします。
リンク

 「スパイラル(R)」新バージョン1.11.11では、バッチ処理などの新機能搭載をはじめ、一覧表機能のデザインカスタマイズなどの機能改善、操作画面の主要機能UIデザインリニューアルなどを通じて、操作性を大幅に向上しました。


■1.操作画面デザインリニューアル
~ アプリケーションを中心としたシンプルでスムーズな設定画面に刷新 ~
リンク

(1)背景
 
 2000年に開発をはじめ、翌2001年に提供開始された「スパイラル(R)」15年目の大幅なリニューアルとなります。お客様にご要望等を投稿していただく「改善・不具合掲示板」に寄せられた多くのお声を反映しており、既存ユーザーが混乱せずに操作できるよう、従来の操作感をキープしながらも、使い勝手を向上させる導線設計や、シンプルで視認性の良いデザインを取り入れ、さらに業務効率化を図る便利な新機能も実装し、大幅なユーザビリティ向上に努めました。
 「スパイラル(R)」は、2012年11月にリリースしたバージョン1.11.3にて、データベース(以下「DB」)、フォーム、一覧表などの設定オブジェクトを、利用用途に応じて自由にパッケージングできる機能「アプリ」を搭載し、翌2013年には、作成した「アプリ」の管理や受渡しをクラウド上で完結できる「スパイラルアプリセンター」を搭載するなど、PaaSならではのWebアプリケーション開発における優位性をいかすサービス強化を推進してまいりました。
 新バージョン1.11.11は、Webアプリケーションを構築するプラットフォームとして、「スパイラル(R)」で作成する「アプリ」を構築、管理しやすいよう、トップページをはじめDBやWebフォーム設定など、主要機能の操作画面デザインをリニューアルし、「アプリ」中心の操作画面に進化します。今後も、このポリシーに沿って機能改善及びデザインリニューアルをしてまいります。

(2)主な特長:アプリ一覧からはじまるトップページ
~ アプリからスタート。そしてオブジェクトを追加 ~
 
 新しい操作画面では、設定したい「アプリ」をまずはじめに決めて、その「アプリ」の中にDBやフォーム等の設定オブジェクトを追加することで、より直感的なアプリケーション構築を実現します。
 従来の操作画面は、それぞれの設定オブジェクトを頭の中で繋げながら「アプリ」を構成する必要がありましたが、リニューアル後は「アプリ」に紐付く設定オブジェクトが一目でわかるなど、「アプリ」を作りやすく、管理しやすくなります。
 トップページはアプリ一覧画面となり、[+]ボタンから「アプリ」を新規作成したり、作成した「アプリ」をスムーズに編集することができます。


(3)主な特長:ユーザー操作思考に沿ったオブジェクト管理画面
~ オブジェクト管理画面を刷新。DBやフォームオブジェクトを管理、設定しやすく ~
 
 各オブジェクトの設定画面も同様に、オブジェクトからスタートして、操作/設定するUIにリニューアルします。従来は、例えば「DBメンテナンス」などの操作メニューを選択した後に対象のDBを選択する流れでしたが、リニューアル後は、操作/設定したいDBを選び、そのまま様々なメニューにシームレスに遷移できるようになります。ユーザー操作思考に沿った導線設計により、操作の効率化が期待できます。
 また、DB一覧の検索/ソート機能の拡充や、DB新規作成時にフィールドのドラッグ&ドロップを可能にするなど、それぞれのオブジェクト設定の操作性を高める便利機能を多数実装しています。その中には、従来5ステップで設定していたWebフォーム作成が、1クリックでレスポンシブデザインWebフォームを自動発行できるなど、細かな改善にとどまらず大幅な利便性向上に繋がるリニューアルも盛り込みました。
 新バージョン1.11.11では、基本機能である通常DB、トランザクションDB、フォームに適用し、順次適用機能を拡大します。
 なお、アップデートサイトでは、「アプリ」作成、DB作成、Webフォーム作成の流れをそれぞれ動画でわかりやすくご紹介していますので、ぜひご覧ください。


■2.新機能「バッチ処理機能」
~ 外部システムとの連携や日々の運用を仕組み化して、効率よく安全なデータ管理を ~
リンク

 新バージョン1.11.11は、外部システムとのデータ連携において、一度に大量のデータを同期したい場合に便利なバッチ処理を操作画面上で設定できる「バッチ処理機能」を搭載します。

 「バッチ処理機能」により、外部から「スパイラル(R)」へのデータ取込や、「スパイラル(R)」から外部へのデータの出力がしやすくなり、今後広がるシステム間のアプリケーション連携を、簡単かつ安全にクラウド上で実現できるようになります。

(1)独立した3つの新機能
 
 「バッチ処理機能」は、データ一括処理機能、外部接続ディレクトリ機能、定期実行機能の独立した3つの新機能により実現します。(外部接続ディレクトリ機能、定期実行機能はオプションでの提供となります。)
 
1)データ一括処理機能
 データ一括処理機能は、「スパイラル(R)」のDBに対して外部システムやローカルPC上のデータを反映したい場合に、一括登録、更新、削除、差分更新、フラグによる登録/更新/削除などの処理ができる機能です。あらかじめ設定した処理を実行するため、外部連携や日々の業務における定期的な処理、大量データの処理に適しており、データの登録、更新、削除を一括処理としてテンプレート化することができます。
 
2)外部接続ディレクトリ機能
 外部接続ディレクトリ機能は、安心してデータを受け渡すためのディレクトリを「スパイラル(R)」上に設置し、データファイルの送信、取得をセキュアな環境で操作できるようにする機能です。
 
3) 定期実行機能
 定期実行機能は、毎日、毎週、毎月など、指定の定時刻に一括処理を起動し、外部接続ディレクトリ上のファイルを「スパイラル(R)」に反映したり、データ一括出力を起動し、外部接続ディレクトリやファイル便にデータを出力できる機能です。

(2)組み合わせて様々なケースに対応
 
 「バッチ処理機能」は、上述の新機能、データ一括処理機能、外部接続ディレクトリ機能、定期実行機能のほか、データ一括出力機能を組み合わせることで、様々な運用フローに対応可能です。定期実行機能によりシステム化するだけではなく、担当者による手動操作にも対応します。

【ユースケース】
1)定期的に外部システムから「スパイラル(R)」にデータを反映
 外部システムから、外部接続ディレクトリにデータを設置し、毎日定時に「スパイラル(R)」に差分更新する。
  
2)定期的に「スパイラル(R)」から外部システムにデータを反映
 「スパイラル(R)」から、毎日定時2回、データを外部接続ディレクトリに一括出力し、外部システムがデータを取得する。
 
3)担当者が手動でファイルアップし、「スパイラル(R)」にデータを反映
 基幹システムからローカルPCにデータをダウンロードし、「スパイラル(R)」にファイルアップしてデータ一括処理機能により、差分更新する。
 ローカルPCにある削除リストを「スパイラル(R)」にファイルアップし、データ一括処理機能により対象データを削除する
 
4)定期的にファイルを出力し、担当者がダウンロード
 毎日0時に前日分の資料請求データのデータ一括出力を定期実行させ、ファイル便に出力し、営業日に担当者が手動でダウンロードする。


■3.機能強化
 
(1)主な機能改善:一覧表/検索フォーム デザイン機能拡張
~ 一覧表出力がXSLTに対応、XSLによるデザインフルカスタマイズが可能に ~
リンク
 
 セミナー一覧や案件一覧など、DBに格納されたデータをWebサイトに表示できる「一覧表・単票機能」がXSLTによる出力が可能になり、一覧表のデザインをより自由にカスタマイズできるようになります。
 新バージョン1.11.11は、一覧表機能において、設定デザインのほか、XSLによる編集が可能なソースデザイン機能を搭載します。ソースデザインでは、必要なXML出力するフィールドや単票の指定など詳細な設定ができ、XMLプレビュー機能により、デザイン時のフォーマットを確認しながら設定することができます。また、設定デザインによる内容を途中からXSL記述に変更することもできるので、効率よくデザインをカスタマイズできます。HTMLによるデザインフルカスタマイズが可能なWebフォーム機能に続き、一覧表でも、PHPやAPIを使わずとも、操作画面内でより自由でリッチなデータ表現の設定を実現します。

(2)主な機能改善:スパイラル(R)API、PHP拡張
 
 スパイラル(R)API及びPHPライブラリを拡張します。DBのメソッドselectにパラメーター「label」を追加し、セレクト・マルチセレクト・マルチセレクト128・ブーリアン・オプトアウト型のラベル値を取得できるようスパイラル(R)APIを拡張するほか、PHPライブラリに暗号化・復号化クラス「SpiralCrypt」や、大量インサートを高速処理するbulk_insertなどを追加し機能を拡張します。

(3)主な機能改善:お知らせ機能
 
 SLA月次報告やメンテナンス情報、セミナーのご案内など、パイプドビッツからのお知らせについて、ユーザーごとに既読/未読をわかりやすく表示します。未読の場合、お知らせ一覧ページでは背景色がつくほか、未読件数がお知らせメニュー右に数字で表示されるため、見逃しにくくなります。
 
(4)主な機能改善:オンラインヘルプをリニューアル
 
 オンラインヘルプを「サポートサイト」としてリニューアルします。サポートサイトは、パイプドビッツが提供するクラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース(R)」にて構築されており、利便性とともに、今後一層の充実を図ってまいります。

 なお、新バージョン1.11.11は、上記ほかにも、機能改善合計23件と、不具合修正合計2件に対応いたします。
 
▼「スパイラル(R)」1.11.11 アップデート項目一覧
リンク

 今後も、パイプドビッツは、お客様により便利に安心してご利用いただくためのサービス改善に努めてまいります。「スパイラル(R)」の進化にどうぞご期待ください。


■ 「スパイラル(R)」とは
 「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
 なお、「スパイラル(R)」はお客様ごとにCO2排出量をお知らせする唯一のASP・PaaS(クラウド)サービスであり、CO2排出量の可視化等の取り組みを通して地球環境保全の啓発にも貢献してまいります。
リンク


■ 報道関係者様お問合せ先
株式会社パイプドビッツ  リンク
経営企画室 広報担当:立花
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : pr@pi-pe.co.jp
※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。