logo

公式アカウント開設からわずか1ヶ月で14,000フォロワー突破!!業界初のコラボワークショップを皮切りに『AneCan』は「Pinterest(ピンタレスト)」での情報発信をスタート!

株式会社小学館(東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏、以下「小学館」)の月刊女性ファッション誌『AneCan』(毎月7日発売)は、世界中で利用されているオンライン画像ブックマークツール「Pinterest (ピンタレスト)」内に、公式アカウントを開設いたしました。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



開設時にはAneCan アカウント内のボード(Pinterest上でお気に入りの画像やアイデアを保存できる場所)に、誌面に登場する読者モデル100人(平均年齢29.5歳の有職者が中心)が登場。わずか1ヶ月で10,000人を超える14,283人(※2015年6月9日現在)のフォロワー数を突破しました。


各種主要ソーシャルメディアで公式アカウントを保有し、デジタル戦略に積極的に取り組むAneCanの中でも最速の成長を見せるPinterest公式アカウント。ファッション、ビューティ、専属モデル、ゴルフ、ランニングをはじめ、読者の細かい嗜好に特化した保有コンテンツを更新しています。今後は、読者モデルと一緒に投稿(ピン)し、日々のコーディネートやネイルなどを集約したグループボードも開設予定です。ひとつのボードに、複数人の読者モデルの投稿(ピン)が日々更新されることで、読者モデルたちのリアルなライフスタイルが可視化されます。最新のトレンドやお気に入りのアイテムなどをこの場で発見したり、読者や読者予備軍の情報共有の場として活用されることで、AneCanコンテンツが「Pinterest」を通じて幅広く共有されることを狙っています。


業界初!AneCanアカウント開設記念イベントの実施

開設を記念して、5月16日(土)、コラボワークショップ「AneCan ×Pinterestでカラフルなアイデアを探してみよう!~アイシングクッキー・デトックスウォーター作り~」をPinterest Japanオフィスで実施いたしました。Pinterest Japanが雑誌とのコラボイベントを実施するのは初の試みとなります。当日はお菓子教室主宰の横田沙織さんを講師に迎え、読者モデルユニット「AneLADY100」のメンバー20名でグループボードを設置。Pinterest内でインスピレーションをうけた画像コンテンツのブックマークを元にアイシングクッキーとデトックスウォーターを作成しました。Pinterestを活用するだけでなく、実際にそこからアクションを起こすという体験型ワークショップとなり、Pinterestの楽しみかたをAneLADY100からAneCan読者へと発信。AneCanボードもこの取り組みでさらなる盛り上がりを見せ、フォロワー数アップにもつながる貴重なイベントとなりました。


[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]



ピンタレスト・ジャパン株式会社 定国直樹氏のコメント

ピンタレストは若い女性にも使いやすく、世界中で人気があります。日本でもユーザー数は急上昇しており、ファッションやビューティ分野で使っていただくケースも多く見受けます。その意味でも、AneCan との取り組みは親和性が高く、大変楽しみにしております。AneCan 読者の皆さんにも、毎日の生活の中でピンタレストのビジュアルブックマーク体験を是非楽しんでいただきたいと思います。


■月刊女性ファッション誌『AneCan』とは

[画像8: リンク ]



『CanCam」を卒業した女性に向けて、そのお姉さん雑紙として2007年に創刊。押切もえ、高垣麗子、蛯原友里、有村実樹など、20代・30代女性に絶大な人気を誇るファッションモデルを「専属」モデルとして擁し、ファッション・ビューティ・ライフスタイル・ウェブ情報を中心に刊行中。対象年齢は30歳前後。毎月7日発行。


■「AneLADY100」とは

[画像9: リンク ]

おしゃれが好き、美容が好き、女子会も旅も大好き!な全国の読者代表を集めたユニット組織。2012年の結成から活動4年目、今年も新メンバーを加えさらにパワーアップ。誌面以外でもイベント、ブログでの情報発信等、AneCanが目指す“HAPPY&ACTIVE”な生活を体現する存在として、活動中です


■「Pinterest 」について リンク

オンライン上でヒントになるアイデアを見つけてコレクションしておくビジュアルブックマークツールです。料理のレシピ、行きたい場所、買いたいモノなど自由にテーマ設定して、それらの情報をインターネット上で保存するボタンとしてピンタレストが使える仕組みです。デスクトップ上だけでなく、無料アプリ(iOSやAndroid)でもアクセス可能な、世界最大のディスカバリーエンンジンです。ピンタレスト社は、人々の実生活で役立つ、お気に入りや、インスピレーションをかきたてるものを見つけるお手伝いをすることを目指しています。現在、ピンタレスト上では500億以上のピン(ピンタレスト上で保存される画像)が、人々の様々な興味関心のテーマで10億以上のボード(ピンを留めておくファイル)に保管されています。30以上の言語で展開し、サンフランシスコに本社を置き、ロンドン、パリ、東京、ベルリン、サンパウロの5都市にオフィスを構えています。2010年にサンフランシスコでサービスを開始し、日本では2013年10月に法人立ち上げ、同11月には日本語サービスを開始しました。

【プレスリリースファイルダウンロード】
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社小学館 広告局 雑誌ブランドビジネス室 担当:小林
TEL:03-3230-5375   MAIL:net-biz@shogakukan.co.jp


【Pinterest (ピンタレスト)に関するお問い合わせ先】
ヒ゜ンタレスト・シ゛ャハ゜ン 広報代理 (ムーンライトウェイウ゛株式会社)
TEL:03-3440-1550  FAX:03-6800-3070  MAIL:pinterest_pr@moonlightwave.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。