logo

VMware海外事情コラム「Virtual Volumes:仮想マシン中心の重要性」が公開されました。

クラウドに強い鈴与シンワートは野田貴子氏によるVMware海外事情コラム「Virtual Volumes:仮想マシン中心の重要性」を公開しました。

野田貴子氏によるVMware海外事情コラム「Virtual Volumes:仮想マシン中心の重要性」が公開されました。

###
Virtual Volumesの主な利点は、プロビジョニングやデータサービスのコントロールが仮想マシンレベルで可能になるところにあります。なぜ仮想マシンを中心に考えることが重要なのでしょうか。また、Virtual Volumesはどのようにリソースを効率的に消費しているのでしょうか。
仮想マシン中心であるVirtual Volumesは、従来のストレージを使用してきた人々が何年も抱えているトレードオフの問題を解消します。新しいアプリケーションをデプロイする際、多くの人は過少にプロビジョニング(容量を用意すること)することでSLA(サービス品質保証規程)が守れなくなることよりも、余裕を持ってプロビジョニングすることでコンピューターやストレージ、ネットワークなどの貴重なリソースを無駄にしてしまうことの方を選びます。つまり、リソースを効率的に使用できていないのです。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。