logo

お中元シーズン到来!ギフトの定番「ビール共通券」調査

全国酒販協同組合連合会 2015年06月05日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月5日

全国酒販協同組合連合会

お中元シーズン到来!ギフトの定番「ビール共通券」

取り扱い実態について酒販店にアンケート
ビール共通券は売上も引き換えも夏と冬にピーク。
売上はギフトニーズに、引き換えは飲用ニーズに応えて増加。

2014年度都道府県別売上枚数を集計
都道府県別で石川県(びん2本券)が1位に。
※20歳以上人口1人当たり換算
石川県1位の理由は、土地に根付いたユニークな使われ方に!

 ビール共通券の発行を行う全国酒販協同組合連合会(東京都目黒区)は、2014年度(2014年4月1日~2015年3月31日)の全国46都道府県(※沖縄県は加盟なし)の加盟組合に対するビール共通券の販売枚数についてまとめました。また、あわせてビール共通券の取り扱い実態について、酒販店653店にアンケートを行いました。

【酒販店アンケート】
ビール券が売れる時期は12月と7月、引き換えは8月が1位。 

●ビール共通券を最も多く販売する月は12月、7月、次いで8月の順。
 中元・歳暮のギフト需要期に売上げが多い。
●ビール共通券を最も多く引き換える月は8月。次いで12月。 ビール需要期の引き換え
 利用は、中元・歳暮でいただいたビール共通券の活用か。
●酒販店が考えるビール共通券購入理由は贈答用。1位「お中元」(42.6%)、
 2位「お歳暮」(36.4%)が2強。次いで「お礼・贈答・進物」(14.2%)。


【全国酒販協同組合連合会集計】
びん2本券売上枚数で断トツ1位は石川県 

●ビール共通券の売上枚数は大都市圏である東京都(23.2%)、大阪府( 17.1% )で高い。
●20歳以上人口1人当たり換算によるびん2本券の都道府県別ランキングは、
 1位石川県、2位大阪府、3位岐阜県。
●びんビール券と缶ビール券は、枚数ベースで7:3の割合。
◎20歳以上人口1人当たり換算による缶2缶券の都道府県別ランキングは、1位岡山県、2位大阪府、
 3位東京都。


◆全国酒販協同組合連合会(石川県酒販協同組合連合会 会長)の杉山一夫常務理事に聞く
「なぜ石川県はビール共通券の売り上げが1位なのでしょうか?」

 石川県でビール共通券の売上が高い理由は、何と言っても葬儀返礼に利用されているからです。
 実は石川県では県内全体で会葬のお礼にビール券を贈る風習が以前から根づいています。昔は葬式に出るとお返しに日本酒の小瓶などをいただくことも多かったのでその名残かもしれません。3枚程度のビール券、これを香典返しとして会葬当日にいただくわけです。軽いので、男性なら内ポケットにさっと入れられる、知り合いに代理を頼まれても持ち帰るのが苦にならない、かさばらない。石川県酒販組合連合会でも専用の封筒などを用意して利用促進に努めています。
 加えて、県庁所在地のある金沢は城下町です。水引などの生産もしていて贈り物文化が根付いていますので、感謝の気持ちをちょっとしたものに託して表したい気持ちが強いのではないでしょうか。そんな時、さっと封筒に入れてスマートに渡せる、券面に金額がはっきり書かれておらず“奥ゆかしい” という特長をもつビール共通券は大変役に立ちます。お葬式でいただくなどしていつも身近にあるビール券から、一枚、二枚、感謝のしるしとしてお渡しすることも多いようです。


◆全国酒販協同組合連合会(岐阜県酒販協同組合連合会 会長)の寺田稔理事に聞く
「なぜ岐阜県はビール共通券の売り上げが3位なのでしょうか?」

 岐阜県でビール共通券の売上が高い理由は、石川県と同じく葬儀返礼に利用されているからです。とはいっても、石川県と違って県内全域ではなく、多治見市や中津川市とその周辺エリアに限られています。このエリアでは基本的に葬儀の日に香典返しをお渡ししてしまう習慣があり、「びん2本券」を3枚程度、会葬者にお渡しします。ずいぶん以前は砂糖などをお渡ししていたようですが、持ち帰るには少し重い、ということでいつの間にかビール券が利用されるようになったと聞いています。
 ビール共通券の良さは、持ち運ぶにも送付するにも軽いことと、ビール現物には賞味期限があるけれどビール共通券なら飲みたい時に取扱い店で引き換えられることにあると思います。県内の他のエリアにもこのような使い方が広まるよう働きかけをしていますが、岐阜や石川だけでなく日本全国に広まると良いのではないでしょうか。



 





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。