logo

運営10年、地震を見守り、社員の安否を確認し続けてきた安否確認システムe安否がリニューアル

株式会社ラビックス 2015年06月05日 16時00分
From DreamNews

e安否は2004年10月に起きた新潟県中越地震で代表藤岡が家族と連絡が一切取れなくなった経験をもとに、携帯電話のメール機能に着目し、当時では珍しいメール主体の連絡網システムをつくろうと思いたち、誕生しました。

そしてサービスを運営して10年、2008年の岩手・宮城内陸地震、2011年の東日本大震災など多くの大災害を経験しました。
弊社自身も被災し、いままでのe安否では足りない機能も見えてきました。

リニューアルしたe安否は、

●地震速報連動配信
 緊急地震速報に対応し、地震の揺れが来る前に安否確認メールが自動配信される
●GPS位置情報
 社員が安否情報だけでなく、自身の位置情報を報告できる
●家族メール
 企業が社員の安否を確認するだけにとどまらず社員が家族の安否を確認できる

など、災害への意識が高まり、安否確認システムが注目されている今、本当に信頼できるシステムを目指し、生まれ変わります。


【当件に関するお問い合わせ】
株式会社ラビックス 〒960-8031 福島県福島市栄町7-31 KYBビル3F
TEL 024-563-7851 担当 / 松浦(まつうら)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。