logo

ロンドンで「(仮称)ホワイトシティプレイス再開発計画」に参画


三井不動産株式会社(本社:東京都中央区日本橋室町2-1-1)は、英国子会社「Mitsui Fudosan UK(英国三井不動産、代表者:山田秀人)」を通じて、ロンドン市ウエストエンドから西に約6kmに位置する大規模複合再開発事業、「(仮称)ホワイトシティプレイス再開発計画」に新たに参画いたしました。
近接地で進めております「(仮称)テレビジョンセンター再開発計画」を合わせた敷地面積および計画総延床面積は、ロンドンにおける日系企業の都市開発としては、最大規模になります。

当該2プロジェクトは、ロンドン中心部に位置しながら、多国籍企業が重視するヒースロー空港へのアクセスが良好であり、地下鉄3線2駅から徒歩1分、同駅から電車でウエストエンドまで14分、シティまで22分と、交通利便性に恵まれています。周辺では世界有数の理科系大学であるインペリアルカレッジロンドンの新キャンパスが建築中で、またロンドンを代表する大型ショッピングセンターの「ウェストフィールド・ロンドン」が大規模増床計画を推進中であるなど、地域全体が変貌しつつあるエリアです。ロンドン市の開発促進地域にも指定されています。

■「(仮称)ホワイトシティプレイス再開発計画」
当社グループが英国の公共放送局であるBBCより今般取得し、新築ビルの建築および既存ビルの改修などを行うプロジェクトです。敷地面積は約17エーカー(約21,000坪)あり、現状空地部分に計画中の新築建物が竣工すると総延床面積は約2,300,000sf(約63,000坪)となる予定です。BBCの自社オフィスとして使われていた既存ビルのうち3棟※は、同社に長期テナントとして引き続き賃貸いたします。当社グループは、当プロジェクトを通じ、既存のオフィスを活気のある都心型ビジネスパークとして再生、「(仮称)テレビジョンセンター再開発計画」とのシナジーを活用してメディア、IT、ファッション産業等のテナントを誘致し、賑わいのある街づくりを推進します。※ブロードキャストセンターおよびその付属棟(ライトハウス、エネルギーセンタ―)

■「(仮称)テレビジョンセンター再開発計画」
BBCのスタジオ、オフィスなどとして利用されてきた建物を、オフィス、住宅(約900戸(予定))、ホテルなどから構成される複合施設へ生まれ変わらせる再開発事業で、総延床面積は約2,000,000sf(約56,000坪)となる予定です。住宅は、当社グループ初のロンドンでの分譲住宅事業となります。

当該2プロジェクトは、ロンドン有数のディベロップメントマネージャーで、当社グループと資本提携をしているスタンホープ社との共同事業です。スタンホープ社は両プロジェクトでもディベロップメントマネジメントを受託します。当該2プロジェクトは、当社グループにとって、イギリスにおける初の大規模複合再開発であり、日本の複合的な街づくりのノウハウを本事業に活かすことにより、当社グループの事業領域を拡大し、今後のさらなる海外事業の発展につなげてまいります。

当社グループは、海外事業を成長分野の一つに位置づけ、欧米エリアではオフィス・賃貸住宅など複数の用途の開発事業に取り組み、社会や経済の変化を捉え、当該2プロジェクトのようなトロフィー物件の開発も含め、今後の更なる事業機会の拡大を目指します。なお2015年5月に公表したグループ中期経営計画「イノベーション2017ステージII」では、2015~2017年の3か年で、欧米・アジアにおいて約5,500億円の投資を行うことを表明しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。