logo

シーメンス、SaaS型のビッグデータ・アナリティクス・ソフトウェアであるOmneo Performance Analyticsをリリース

- パフォーマンス・インテリジェンスを提供して製品の問題を解決
- 何十億通りもの組み合わせのデータを分析してインテリジェンスを導出

シーメンスは18日、Camstarの買収の一環として昨年取得したSaaS型Omneo製品の最新アプリケーションである、Omneo(TM) Performance Analytics (PA)ソリューションをリリースしたことを発表しました。シーメンスの製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアのビジネスユニットによって開発されたこのOmneo PAは、ビッグデータ・アナリティクスを通して製品に関するパフォーマンス・インテリジェンスを導出します。
このソリューションは、サプライチェーンや顧客エクスペリエンス全体にわたってデータを監視して、何十億通りもの組み合わせのデータをものの数秒で分析します。Omneo PAは、隠れたインテリジェンスを明らかにして、製品の問題原因をピンポイントで特定するなど、ビッグデータのプロアクティブな分析を可能にします。

Dellの製品管理担当シニア・ストラテジストのMichael Shepherd 氏は、「Omneo Performance Analyticsは、データから隠れたパターンを検出できるため、最適な製品パフォーマンスの確保を可能にします。Omneoは、ビッグデータ・アナリティクスに関する専門知識を提供して、お客様への迅速かつ洞察に富んだ対応を支援してくれます」と述べています。

シーメンスPLMソフトウェアのクラウド・サービス担当シニア・バイスプレジデントのSteve Bashadaは、「Omneo Performance Analyticsは、このパワフルなテクノロジーが持つ可能性を存分に提供して、企業の製品に対する理解や改善方法を変革します。Omneo Performance Analyticsは、フィールドサービス、製造、CRM、ERP、モノのインターネット(IoT)などのソースから得たデータを活用することにより、製品が顧客に届く前に問題を特定し、解決できるよう支援します。これは、どのようなビジネスにおいても究極の目標
と言えます」と述べています。


Omneo PAは、製品のパフォーマンス・インテリジェンスにおける新たな進化であり、検出、監視、ダッシュボードといった、ビッグデータ・クラウド環境における主要なコンポーネント機能を提供します。

Omneo PAの検出機能は、可能性のあるすべてのデータセットの組み合わせを迅速に分析し、以前は成し得ることのできなかったビッグデータの洞察を可能にします。検出結果には、データの異常に最も影響を与えている要因が明確に特定・表示されるため、すべてのバリューチェーンは、現在および将来の製品パフォーマンスに対して可能な限り最大かつ最善の影響を与え得る意思決定を行えるようになります。企業は、以前は全く知らなかった質問にも答えることが可能になり、貴重な時間とリソースを節約することができます。

Omneo PAのグラフィカルな監視機能は、製品のパフォーマンスをバリューチェーン全体で把握できるようにするため、企業は自社製品に関して現在生じている、または今後生じる可能性のある傾向を常に追跡することができます。また、バリューチェーン全体にわたり、事実に基づいた、データ駆動型の意思決定ができるようになります。

Omneo PAは、データ・アナリティクスの定義と重要業績評価指標(KPI)のカスタマイズを可能にする柔軟かつユーザーフレンドリーなダッシュボード・ワークスペースを特長としています。この定義と全社的なKPIは、再利用しやすいように「モデリング・オブジェクト」として構築されます。このストラクチャーにより、ユーザーはカスタムデータ・アナリティクスとKPIをインタラクティブに検証したり、監視の予定を立てたり、必要に応じて結果を閲覧することができます。

シーメンスPLMソフトウェアのOmneo 研究開発担当シニアディレクターのRami Lokasは、「シンプルなユーザー・インターフェイスで、KPIや期間、分野などの変数パラメータをインタラクティブに調整するだけで、日単位や週単位ではなく、秒単位で新しい洞察が得られます。その結果、製品の問題原因を解決するために費やす時間が飛躍的に短縮され、より高い顧客満足度を達成することができます」と述べています。

Lokasはさらに次のように付け加えています。「Omneo Performance Analyticsは、従来のビジネス・インテリジェンス・ツールの限界を超え、ビジネスを次のレベルのパフォーマンスへと引き上げます。ビッグデータを活用して、製品パフォーマンスをグローバルに監視、検出、表示することにより、Omneo PAは既に、今日私たちが知っている製品パフォーマンス・インテリジェンスの枠組みを塗り替え始めています」

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンスデジタルファクトリー事業本部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)とMOM(製造オペレーション管理)のソフトウェア、システムおよび関連サービスにおいて世界をリードするグローバル・プロバイダーです。これまで世界77,000社以上のお客さまにサービスを提供し、900万ライセンス以上のソフトウェアの販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地とし、数多くのお客様と協働して各種産業向けソフトウェア・ソリューションを提供しています。これによりお客様がイノベーションを実現し、世界中で競争優位性を常に確保できるよう支援しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plm にてご覧いただけます。

シーメンスAG について
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、165年以上もの間、卓越したエンジニアリングとイノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業であり続けています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界200カ国以上で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスは、コンピューター断層撮影や磁気共鳴画像診断システムなどの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、また臨床診断および臨床情報技術のリーダーでもあります。2014年9月30日を期末とする2014年度における継続事業からの売上は719億ユーロ、営業利益は55億ユーロでした。2014年9月末現在の全世界の社員数は357,000人です。シーメンスに関する詳細は www.siemens.com にてご連いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。Omneoは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。