logo

Chromebooks for Work を活用した仮想デスクトップソリューションを販売開始

端末・VDI環境の運用の手間をなくし、低コスト・セキュアな仮想デスクトップ環境の構築を実現

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、仮想デスクトップソリューションの強化のため、 Google の Chromebooks for Work と Chrome 管理コンソール(以下: CMC )を活用した仮想デスクトップソリューションを本日から販売開始します。

近年、セキュリティの向上やIT運用コストの削減、ワークスタイル改革などを目的として仮想デスクトップ環境を導入する企業が増えてきています。仮想デスクトップを利用する際の端末としては、一般的なPCに加え、シンクライアントなどの専用端末、タブレット端末などがありますが、セキュリティ対策などの運用管理にかかるコスト、端末の導入コスト、操作性などがそれぞれ課題となっており、より低コストで運用管理負荷のかからない端末が求められていました。

こうした課題を受け、日立システムズは、業務用端末として近年注目が高まっている Chromebook とそれらを効率的に管理するための CMC 、仮想デスクトップ環境構築、運用サービスをワンストップで提供する仮想デスクトップソリューションを販売開始します。
Chromebook は Google が開発した オペレーティングシステム(OS)である Chrome OS を搭載した新しいタイプのPCです。ネットワーク接続によるWebアプリケーションの利用やクラウドストレージへのデータ保存を前提としているため、高い処理性能や大容量のデータ記憶装置などを必要としないことから比較的安価に導入が可能です。また、OSのアップデートやマルウェア対策などのセキュリティ対策機能も標準機能としてサポートされているため、端末個別のセキュリティ対策は不要です。
CMC は、 Chromebook 端末に対する運用管理機能をクラウドで提供するもので、日立システムズは CMC を利用し、端末環境と仮想デスクトップ環境を含めた運用支援サービスをあわせて提供します。運用支援サービスでは、24時間365日体制のネットワークオペレーションセンター(NOC)から、仮想デスクトップ環境のインフラ(サーバーやアプリケーション)の稼働監視を行います。また、 Chromebook 端末に対するユーザーの追加・削除、ユーザーごとのアプリケーション利用設定に加え、端末の紛失時にはデータをリモートで削除するなど仮想デスクトップのインフラ・端末の一元的な運用管理を提供します。

本ソリューションの導入により、お客さまはセキュアで使いやすい Chromebook を活用した仮想デスクトップ環境を、リーズナブルなコストで導入することができます。さらに、 CMC で一元管理することにより、端末を含めた仮想デスクトップ環境に対する運用体制を持つことなく24時間365日体制の柔軟な運用管理を行うことができます。

日立システムズは、仮想デスクトップソリューションやセキュリティサービスの提供を通じて、多くの企業の生産性やセキュリティ向上を支援しています。これらの実績・ノウハウを生かし、 Chromebooks for Work と仮想デスクトップのシングルサインオン対応など、さらなるセキュリティの向上と利便性を高めたソリューションを順次提供していきます。日立システムズは、 Chromebooks for Work や CMC を活用した仮想デスクトップソリューションや関連サービスを拡販し、2018年度末までに累計約200億円の販売をめざします。

詳細はこちらからリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。