logo

Value Retailが中国旅行客の利便向上で中国との提携を推進

Value Retail 2015年06月03日 15時12分
From 共同通信PRワイヤー

Value Retailが中国旅行客の利便向上で中国との提携を推進

AsiaNet 60741(0736)

【上海(中国)2015年6月3日PRN=共同通信JBN】
*中国旅行客向けに中国東方航空と新たに提携、中国オンライン旅行代理店Ctripと協力、さらに2015年ミラノ国際博覧会期間中は料理、アート、ファッションを提供

欧州と中国で高級アウトレット・ショッピングの10のVillageの集合体Village Collection(ビレッジ・コレクション)を創設、運営するValue Retailはこのほど中国本土の3大航空会社の1つ、中国東方航空との提携を開始することになった。この声明は、今週上海で開催されている富裕層を対象にした旅行業界の見本市「アジア国際デラックス観光博覧会(ILTM Asia)」の席上で明らかにされた。

(Logo: リンク

今回の提携によって、中国東方航空のマイレージサービス会員はいずれかのVillageで買い物をすると1ポンドまたはユーロ、あるいは10人民元分につき3マイルが付加されるなど、特別優待を受けることができるようになる。さらに、中国東方航空のマイレージサービス会員には2015年を通して、ボーナスマイル、VIP特典、ショッピングパッケージ、特別割引などが提供される。

中国東方航空との提携は、Collection of Villagesを促進する目的で旅行・観光業界との間で最近締結された一連の提携の一環である。その前には、Value Retailは今年に入って中国の大手オンライン旅行代理店で、オンラインおよび通常の販売チャンネルを使って旅行関連サービスを提供するCtripと新たな提携を発表、より広い中国旅行客がCollection of Villagesのぜいたくな経験を楽しめるようにした。Value Retailはまた、中国国際航空公司のパートナーでもある。現在、同航空会社においても、旅行客はVillagesで買い物をした場合、1ポンドまたはユーロ、あるいは10元ごとに3マイルのマイレージに交換できる。

Villagesが提供するアート、文化、美食、特別イベントとぜいたくなショッピングを組み合わせた真に欧州的な経験は中国旅行客の間で大人気を博している。2014年には、中国人旅行客は税還付ベースの売上高で前年比29%増加し、売り上げ全体の44%を占めるようになり、この分野では貢献度トップの戦略市場になった。すでにCollectionはすべてのVillageで中国旅行客の歓待策として 特別サービスを実施しており、中でも多くのブティックが中国語を話す従業員を配置し、銀聯国際カードによる支払いも受け入れている。

Villageのユニークなショッピング経験は今や、中国でも可能になった。Value Retailによる中国最初のVillageであるSuzhou Village(蘇州ビレッジ)はオープニングから1周年を迎えた。同ビレッジはアジアと世界のブランドを独自に組み合わせ、さらに世界一流の展示会やイベントなども組み合わせることで、新時代の中国のアウトレットだと賞されている。中国で2番目のVillageになるShanghai Village(上海ビレッジ)は2016年春、上海ディズニーランド近くにオープンする予定。

2015年ミラノ国際博覧会に参加する中国人旅行客が足を延ばしてミラノ近郊のFidenza Village(フィデンツァ・ビレッジ)を訪れれば、中国のVillagesが提供するユニークな経験の一端を味わうことができる。特に国際博開催中は、Fidenza Villageは「イタリア産品の大使館」に変貌し、多くの権威あるパートナーや大使と協力して開発したイタリアのアート、ファッション、美食、デザインのショーケースになる。夏の間は多感覚を駆使した経験やイベントがめじろ押しで、すべてが極めてイタリア的な3テーマにまとめられている。すなわち「ロマンチック・オペラ」(5‐6月)、「甘い生活」(7‐8月)と「イタリアの情熱」(9‐10月)である。中国人旅行客向けには、10月の中国のゴールデンウィークに合わせ、Collection中で一連のイベントや特別プロモーションが準備されている。

アジア国際デラックス観光博覧会(ILTM Asia)は招待客限定の世界的イベントで、高成長を続け、垂ぜんの的になったアジア太平洋地区の富裕旅行者を代表する旅行バイヤーと世界最高のデラックス旅行経験のサプライヤーが一堂に会する。同博覧会は2015年6月1日から4日の間、上海博覧中心で行われる。

▽Value Retailについて
Value Retailは、一流アウトレット・ショッピング先であるCollection of Villagesの開発・運営に特化した唯一の会社である。Villagesは販売密度では世界で最も優良なショッピングセンターの1つであると広く認められている。1995年のBicester Villageのオープン以来、Collectionの総売り上げは毎年2桁成長を続けており、2014年には3250万人以上が訪れた。各Villageは、少なくとも1つの欧州の主要都市から1時間以内に位置しており、高級ファッション、優れたサービスともてなし、そして年間を通して有名なイベントを数々開催することを特徴とした国際的なショッピング観光目的地として知られている。Value Retailの関連会社であるValue Retail Chinaは2014年5月、上海から50マイル西に位置する蘇州市に中国最初のVillageとなるSuzhou Villageをオープンした。2つ目となるShanghai Villageは中国政府が数十億ドルをかけた基本計画である上海国際観光リゾート地区(Shanghai International Tourism and Resorts Zone)の中心にある上海ディズニーランドに隣接した場所に2015年にオープンする予定。Value RetailおよびValue Retail Chinaについての詳しい情報はウェブサイト(ValueRetail.com)を参照。

▽中国東方航空について
中国東方航空公司は本社を上海に置いている。同航空は中国本土の3大航空会社の1つで、所有する航空機は長距離と短距離とを合わせ430機以上になるが、機材の平均運用期間は7年以内である。中国東方航空は毎年ほぼ8000万人の旅客を運び、旅客輸送量では世界トップ5にランクする航空会社である。中国東方航空はスカイチームの公式メンバーで同航空の就航便はスカイチームのメンバーとの密接な協力により上海と世界187カ国の1000都市を結ぶ航空網を擁している。「イースタン・マイルズ(Eastern Miles)」メンバーになればスカイチーム会員の19社との協力によりそれらのマイレージの蓄積・利用プログラムに参加することができ、会員特典の享受、世界525カ所のVIPラウンジの利用ができる。

中国東方航空は2012年末に開催された中国証券市場年会で「金賞」を授与されており、広告のWPPグループからは最も価値のある中国ブランド50に選ばれ、2013年Fortune China CSR Rankingではトップ10にランクインしている。

中国東方航空は「World-class hospitality with Eastern charm(東の国の魅力を持つ世界一流のホスピタリティー)」をモットーに、世界の顧客に向け優れた「accurate, delicate and precise(正確、細心、的確)」なサービス品質の旅行経験を提供している。

▽問い合わせ先
Ben Han
Redbridge Communications
ben@redbridgecommunications.com

ソース:Value Retail

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。